虹コン、ニューシングル最後の曲でオトナな一面を見せる!

虹コン、ニューシングル最後の曲でオトナな一面を見せる!

虹のコンキスタドールが定期公演「ライブハウスAKIBAカルチャーズ劇場へようこそ vol.6」で、新曲「夏の夜は短すぎるけど…」を初披露した

虹のコンキスタドールが6月28日、東京・AKIBAカルチャーズ劇場で定期公演「ライブハウスAKIBAカルチャーズ劇場へようこそ vol.6」を開催。

9月5日(火)発売のメジャー1stトリプルA面シングルに収録される、新曲「夏の夜は短すぎるけど…」を初披露した。

今回がラストとなる「ライブハウスAKIBAカルチャーズ劇場へようこそ」シリーズは、メジャー1stシングル収録曲「キミは無邪気な夏の女王〜This Summer Girl Is an Innocent Mistress〜」でスタート。

そして「THE☆有頂天サマー!!」「限りなく冒険に近いサマー」といった、これまでの“夏曲”で夏っぽさを演出し、「ライブハウスAKIBAカルチャーズ劇場へようこそ」シリーズ恒例のユニットによるロックのカバーを歌い上げていく。

サジタリアス流星群(虹コン青組)が「きみの気持ち教えて」、虹のコンキスタドール赤組が「愛だけ叫んで」を歌い終えると、的場華鈴がファンに「9月2日にメジャー1stトリプルA面シングルを発売しますが、今まで『キミは無邪気な夏の女王』『じゃんぷ!』とお披露目してきて、あと1曲お披露目してないですよね? ということは…次にお披露目しちゃいます!」と宣言。

的場が「今までの虹コンにはなかった雰囲気の、少し甘酸っぱい曲になっています。ちょっと大人っぽい振り付けや歌にも注目して、聴いていただきたいなと思います」と語り、「夏の夜は短すぎるけど…」を初めてファンの前で歌唱。“大人な虹コン”のしっとりとした歌声に、ファンもすっかり聴き入っていた。

また、的場は「トリプルA面シングルの3曲は、全部グアムでMVを撮ってきました。私たち自身、すごく楽しく撮影ができたので、とても良い仕上がりになっているはず!」とMVについてもアピール。

最後は、同じくメジャー1stシングル収録曲の「じゃんぷ!」でファンと一緒に飛び跳ね、元気に本編を終えた。

アンコールでは、7月5日(水)から定期公演の新シリーズ「アキカルサマーの夏が来る!」がスタートすることを発表。的場は「今回は、夏の曲をカバーさせていただきたいと思っています。毎回、すごいセットリストになること間違いなしじゃないですか?“毎週が『TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)』!”みたいな。今考えたんですけど、これをキャッチコピーとしてやっていきますか?(笑)」と嬉しそうに話す。

さらに、的場は8月13日(日)に行われるワンマンライブ「だって一度きりのThisサマーっ!!」の台湾公演についても言及。「虹コンの夏ワンマンが先取りできちゃうということなので、8月13日は予定が空いておりましたら…空いてなくても(笑)、ぜひ台湾まで応援しに来てくれたら嬉しいです!」とファンにメッセージを送り、「ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド desperate ver.」でこの日の公演を締めくくった。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)