「たけしの家庭の医学」シリーズがリニューアル!「これからも医療バラエティーの先頭にいたい」

「たけしの家庭の医学」シリーズがリニューアル!「これからも医療バラエティーの先頭にいたい」

「名医とつながる!たけしの家庭の医学」としてリニューアル!

テレビ朝日系で放送中のビートたけしが司会を務める「たけしの家庭の医学」シリーズが7月11日(火)からリニューアル。「名医とつながる!たけしの家庭の医学」として、スタートすることがわかった。

リニューアルする同番組では、新たに「健康寿命」に今まで以上に焦点を当てる。“元気で長生きするために”、今からやっておくべき、今知っておくべき情報をどこよりも早く、どこよりも丁寧に紹介していく。

これまで、「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」(2004年4月〜)、「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」(2010年1月〜)と、約13年間という長きに渡り番組を続けてきたことで、日本中の名医と強固なネットワークを築き上げてきた。そんな番組だからこそ実現できた、今回の番組のイメージは、「全国からトップクラスの“名医”が集まる診療所」だ。この診療所を訪れる“元気に長生きしたい!”と願う全ての人々に信頼できる最新情報を届けていく。

■ ビートたけしコメント

テレビではいろんなバラエティーをやらせてもらったけど、こんなふうに医療をバラエティー仕立てで見せたのはこの番組が初めてのはず。あとから追随するような番組がいっぱい出来ちゃったけど、最初に作ったのは我々だという自負があるよね。

それにこの番組は、病気の本当の原因がそんなところにあったのか常識をひっくり返すような意外な面が分かることも多くてやっていて面白い。俺自身も番組で扱ったものは大抵実践していますよ。

この番組は、医療バラエティーの先頭を走ってきたわけだから、やっぱりこれからも先頭にいたい。今回タイトルが「名医とつながる」というふうに変わったのも、他より一歩抜きん出ていると思うし、そういうことを考えてくれるスタッフでうれしいよね。

自分が70歳になった今も元気に暮らせているのも、こうして仕事があるおかげ。だから、なるべく仕事には手を抜かないように心がけています(笑)

■ 7月11日(火)放送の3時間スペシャルの気になる内容は?

ゲストに波乃久里子、関根勤、萬田久子、森口博子、藤本美貴、鈴木奈々、ガダルカナル・タカが登場。元気で長生きするための4つのテーマ「血管の老化を止める!」「全身の老化を止める!」「足腰を丈夫にする!「認知症を予防する!」について特集する。

「血管の老化を止める!」では、加齢と共に硬くなる血管を柔らかくする効果があることが判明した、お茶に含まれるカテキンの一種“エピガロカテキンガレート”を紹介。多く含まれるお茶の種類とは? より多く摂る方法を、日本一お茶の生産量が多い町・鹿児島県南九州市で発見する。

「全身の老化を止める!」では、シミ、骨粗そう症、薄毛など全身の老化をいっぺんにストップできるかも知れない夢のような新事実が判明。また、全身のさまざまな場所で炎症を起こし、老化を進める悪玉物質“オステオポンチン”を多く作ってしまう生活習慣が明らかとなる。

「足腰を丈夫にする!」では、加齢と共に衰える足腰の筋肉を増やすために有効な肉の摂取だが、高齢者になるほど同じ量を摂っても筋肉になりにくいことが分かった。これを改善するためには肉類のたんぱく質と同時に、筋肉増強栄養素“ロイシン”も摂ることが必要だという。さらに、ロイシンが多く含まれる食材とより効果的な摂り方を取り上げる。

「認知症を予防する!」では、認知症の原因のひとつと言われる脳のゴミ(アミロイドベータ)にまつわる最新情報を紹介。今までは、いかに脳内で作られないようにするかが研究され治療薬の開発等がされてきたが、最新の研究では作られた脳のゴミを脳内から排出することがいかに大事なのかが判明した。同じ年代でもゴミを出せる人と出せない人の違いとは? 脳のゴミ出し力をアップする栄養素“レスベラトロール”も紹介していく。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)