知英がハーレイ・クインに!?「この企画に参加できてうれしいです!」

知英がハーレイ・クインに!?「この企画に参加できてうれしいです!」

映画「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」の声優に決まった山田孝之(バッドマン)、知英(ハーレイ・クイン)、安田顕(ジョーカー)/左から

ハリウッドとの“格差コラボレーション”で話題を呼ぶ映画「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」が、10月21日(土)に公開される。

「鷹の爪」劇場版として9作目となる本作は、アメコミの代表格であるDCエンターテイメントとタッグを組むという、無謀とも思える“格差コラボ”が実現。DCの中の「ジャスティス・リーグ」に所属するスーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグの6人に加え、悪役にはジョーカー、ペンギン、ハーレイ・クインの3人が登場する。

そして、この豪華のコラボキャラクターのうち、日本でも特に人気の高い3つのキャラクターに豪華過ぎるゲスト声優が決まった。

バットマン役には自他ともに認める“バットマン”ファンの山田孝之、頭脳明晰(めいせき)でクレイジーなジョーカー役に幅広い演技で舞台・ドラマ・映画にと今や見ない日がないほど売れっ子俳優・安田顕。

さらに、ジョーカーのために命をささげるキュートな悪役ヒロイン、ハーレイ・クインは、元KARAの知英が務めることが決定した。また、特報映像とティザーチラシもこのほど完成。7月14日(金)より、上映される劇場にて順次上映・設置されるという。

■ STORY

2017年、東京。なぜかシェアハウスに住むジョーカーとハーレイ・クインを訪ねる男、ペンギン。彼らの目的は鷹の爪団だった。彼らの仲間、天才博士レオナルドが開発した秘密兵器を奪い、汚くお金を稼ぎ、その資金で映画を作ろうとしていたのだ。

映画の主人公は、兵器で身長600mに巨大化されたシン入社員。無駄な動きが多いシン入社員が暴れ始めたら街は壊滅する。ジョーカーたちを追ってきたスーパーマンやワンダーウーマンなどが所属するスーパーヒーローチームのジャスティス・リーグと共闘して戦うことになった鷹の爪団。

しかし、ジャスティス・リーグの派手なアクションシーンは、途端にバジェットゲージが蒸発し、画面が雑になる問題が発生!

このままでは、ジョーカーたちを倒せない。こうなったらジャスティス・リーグの仲間たちから離れ、アメリカにいるあの金持ちで暗いヒーローに資金援助してもらおう!ということで、気難しいバットマンの説得を試みる。

日和見なDXファイターや新キャラ“吉田ジャスティス・リーグ”も交えて物語はクライマックスを迎える。

予算の都合で途中で終わり、次回作に持ち越してしまうのか、巨大シン入社員は撃退できるのか? ハリウッドのDCスーパーヒーローズと日本でも独自路線を行く鷹の爪の史上空前のプロジェクトが今、始まる!!

■ 山田孝之(バットマン役)コメント

小さい頃から好きだったバットマン役で参加できてうれしく思います。(声、少し枯れました。) 言いたいことをガシガシ言っていく鷹の爪の気持ち良さとDCスーパーヒーローズたちの東京での活躍にご期待ください。

僕がまだ作品を見てないのでなんとも言えないのですが、きっと面白い作品になると思います。

■ 知英(ハーレイ・クイン役)コメント

世界的なキャラクターが出てくるこの企画に参加できてうれしいです!

自分が演じたハーレイ・クインもかわいくって大好きです。そういったキャラクターたちと日本を代表する鷹の爪が一緒に出てくる作品です。皆さん、ぜひ楽しんでください。

■ 安田顕(ジョーカー役)コメント

役者としては1度はやってみたいクレイジーな憧れのジョーカー役を演じさせてもらって光栄でした。DCと鷹の爪のコラボ、毛色の違う両者が作る映画ですから何かあるかもしれないし、ないかもしれない。それを判断するのはあなた次第です!

■ FROGMAN監督より各キャストの起用理由

――山田孝之に関して。

以前から山田さんの俳優としての演技力に、注目をしていました。いつかお仕事をしてみたいと思っていましたが、私の作風で出ていただける場もないだろうと諦めていましたが、偶然にもバットマン好きと聞き、ダメもとでオファーを出してみました。

こんな鷹の爪のような映画で、山田さんのキャリアに傷が付かないか、心配しております。

――知英に関して。

ハーレイのキャスティングは、物すごく難航しました。僕の中では、リドリー・スコット監督の「ブレードランナー」に登場した、レプリカントのリーダーの恋人役だった、プリスをイメージしていました。

キュートだけれど、どこか現実感のない雰囲気。知英さんは、海外からやってこられたアーティストで、どこか目の前にいても幻のような透明感と存在感を感じ、名前が出てきたとき彼女しかないと決めました。

――安田顕に関して。

ジョーカーは悪党だけれど、己の中のゆかいさを求める本物の狂人。気味のなさとユーモラスさ、そして油断のならない悪党でなければなりません。

俳優としての芝居の巧さと、どこかひょうきんな雰囲気を持ち合わせている安田さんは、まさしくジョーカーにうってつけでした。何より、家族含め、私も「水曜どうでしょう」(HTBほか)に出ている時からファンだったという理由もあります。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)