長濱博史の夢がかなう!NHK新アニメ「ザ・リフレクション」は新しい映像体験

長濱博史の夢がかなう!NHK新アニメ「ザ・リフレクション」は新しい映像体験

登壇したのは声優を務めたキャストたちと監督の長濱博史、そして神出鬼没のヒーロー「エクスオン」

NHK総合で7月22日(土)より放送されるアニメ「ザ・リフレクション」(毎週土曜夜11:00-11:25)の会見が行われ、声優を務める三木眞一郎、伊瀬茉莉也、アイドルグループ・9nineのメンバーと長濱博史監督が登壇した。

本作は、「スパイダーマン」などアメコミ界で数々のヒット作を生み出してきたスタン・リーが制作総指揮を務め、「蟲師」「惡の華」など独創性の高い作品に定評のある長濱博史が監督、そしてポール・マッカートニーらの楽曲を手掛けたイギリスの音楽プロデューサー、トレヴァー・ホーンが音楽の指揮を執る日・英・米合作のヒーローアニメーション。

全世界を襲った謎の大災害「リフレクション」により、生き残った者たちに特別な能力が宿る。テロや反乱を起こす闇に染まった能力者たちと、正体不明のヒーロー「エクスオン」と「アイガイ」たちが戦うというストーリーになっている。

神出鬼没で、謎多きヒーロー「エクスオン」の声優を務める三木は、「あまりに衝撃的な仕上がりに、鳥肌が立っています。日本の情緒や、間を怖がらない潔さに、このフィルムは武士が作ったんではないかと感じました」と第1話を見た感想を話す。

また、瞬間移動能力を持つ少女・エレノアを演じた伊瀬は「長濱監督の長年の夢であったアメコミの巨匠であるスタン・リーとのコラボレーションが実現したことに、感極まっております。今まで見たことのない作品になっていると思います」と作品に太鼓判を押した。

本人役で登場する9nineのメンバー西脇彩華は「長濱監督の好きなものが詰まった作品になって、見たときに涙が止まりませんでした」と語る。

長濱監督は「極力シンプルに、脳で補完する部分を多くするようにしました。デジタルで光らせたり色をグラデーションにしたりピンぼけさせる技法を全くやらずに、プリントアウトするとカラーのコミックになるような表現をスタッフたちと目指していました」と制作へのこだわりを明かした。

さらに、スタン・リーとの共作に関して「10年以上一緒に話し合ってきてもうどっちが何を言ったのか全く覚えていないんです。アメコミが好きだと言い続けていたら、アメリカでスタンに出会うことができたんです。いろんな人がお話を持ってきてくれて、一度は頓挫した企画だったんですが、スタンの方から『また一緒にやれるなら、アメリカに来なよ』と言ってくれて実現したので本当に幸運に思います」と2人の絆を語った。

7月22日(土)に放送される第1話では、大災害「リフレクション」から3年後の追悼セレモニーで起こった能力者たちによるテロに立ち向かう「エクスオン」と「アイガイ」、そして事件にのめり込んでいく少女・エレノアの姿が描かれる。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)