アキラ100%らを破り“フリップ芸”王者に輝いたのは?

アキラ100%らを破り“フリップ芸”王者に輝いたのは?

MCは泉里香と陣内智則

AbemaTV内「AbemaSPECIAL2チャンネル」にて、特別番組「Abema杯 第1回フリップ芸-1グランプリ」が7月8日に生放送された。

「Abema杯 第1回フリップ芸-1グランプリ」は、フリップを使って笑いをとる“フリップ芸”の「現役No.1フリップ芸チャンピオン」を、完全視聴者投票制のトーナメント形式で決定する2時間の生放送特別番組。

陣内智則と泉里香がMCを務め、出場者のギャラは0円、優勝者だけが「現役No.1フリップ芸チャンピオン」の称号と共に賞金100万円を獲得できるという真剣そのものの大会だ。

出場者は、387組の中からオーディションから選ばれた、アキラ100%、ZAZY、赤嶺総理、粗品(霜降り明星)、田中上野、川北茂澄(真空ジェシカ)、えずれひろゆき、メルヘン須長、くっきー(野性爆弾)の9組10人。

番組冒頭、これがMC初経験という泉が緊張している様子を見せると、陣内は「初司会、1回断ったらしいね?」と話し、会場に笑いが起きた。

また陣内は、“百獣の王”武井壮がゲストにいるのを見かけ、「この人ギャラ高いでー。いい車も乗っていますし」と話すと、武井は高級車ランボルギーニに乗っていることを打ち明け、「3000万円キャッシュいぇーい!」と購入したときの様子を語った。

大会では、9組が3ブロックに分かれ、3組が発表するごとに面白いと思った芸人に投票、上位2組が準決勝に進出した。

Aブロックは、粗品、赤嶺総理、アキラ100%の順にそれぞれフリップ芸を披露。この日のためにフリップ芸を考えてきたというアキラ100%は、2箇所に立てたフリップの間を、穴の空いたフリップで下半身を隠して渡りきるという想像を超えたフリップ芸を披露し、視聴者からは「これは新しい」「ドキドキした!」など、たくさんのコメントが寄せられた。

視聴者からの投票結果は、赤嶺総理が1位、アキラ100%が2位となり、2組が準決勝に進出した。

続くBブロックは、独特の世界観を持つ、くっきーとZAZYが勝ち上がり、Cブロックは、漫画家でもあり人気漫画「サラリーマン山崎シゲル」の作者である田中光が描く不気味なイラストが好評だった田中上野と、アニメの絵と声マネのクオリティーの高さが際立ったメルヘン須長がそれぞれ準決勝に進んだ。

準決勝では、僅差で赤嶺総理とメルヘン須長が勝ち残り、準決勝3組目の田中上野とアキラ100%の対決では、芸風が全く違う2組に、陣内も「これどっちやろうな」とコメント。

視聴者から「これは判定が難しい」「迷うな」と声が集まるも、田中上野が進出した。

決勝では、女優・沢口靖子の物まねをしながら、アニメを使ったブラックジョークを繰り出すメルヘン須長。一方、困っていることをアメリカ合衆国に助けてもらおうとするシュールな歌とそれに合わせたハイクオリティーなイラストをめくっていく田中上野。

マジックに関する大喜利フリップ芸を披露した後に、歌で伏線を回収し、二度楽しめる工夫が詰まっていた赤嶺総理という、それぞれのフリップ芸が披露された。

感想を聞かれ、武井は「優勝した人にポケットマネー5万円あげます」と話すほど感動の面持ち。

視聴者から投票を募ると、コメントでは意見が分かれる中、優勝は43%の票数を集めた田中上野で、感想を聞かれた田中は「ギャグ漫画ってそこまでもうからないので助かります。初めてなんかで優勝できた」と、喜びを語った。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)