神谷浩史が歌う“ぶりぶりざえもんのえかきうた”!

神谷浩史が歌う“ぶりぶりざえもんのえかきうた”!

神谷浩史が「ポイントは、2つの目玉焼きをイメージして鼻を描くこと!」と話す、ぶりぶりざえもん

毎週金曜日に放送中の「クレヨンしんちゃん」の名物キャラクター“ぶりぶりざえもん”。その「ぶりぶりざえもんのえかきうた」が、今年放送26年目に突入した長い番組の歴史の中でついに誕生。声を担当する神谷浩史が、レコーディングを行った。

ぶりぶりざえもんは、「クレヨンしんちゃん」の主人公・野原しんのすけのお絵かきから生まれた“救いのヒーロー”。ヒーローでありながら、たった3時間しか稼働できない上、毎回、高額な“おたすけ料”を請求する。しかも「私は常に強い者の味方だ」と言ってあっけなく敵に寝返ってしまうという、すがすがしいほどの卑怯者でもある。

そのナンセンスな設定が人気を集め、原作はもちろんのことテレビアニメや映画で大活躍してきたが、2000年に声優を務めていた塩沢兼人氏が不慮の事故により他界。以降、ぶりぶりざえもんはせりふなしでの登場となっていたが、2016年5月より実力派声優・神谷浩史が声を担当することになり、見事復活を遂げた。

「ぶりぶりざえもんのえかきうた」は、テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」の監督・ムトウユージ氏が作詞を担当。ぶりぶりざえもんのチャームポイントである大きな鼻を目玉焼きに例え、「ふたごのめだまやき〜ラッキー 皿からはみだした〜」というフレーズからはじまる、覚えやすい歌となっている。歌詞には、ぶりぶりざえもんの別名“ジャン・ピエール・アンドレイ・ジョセフド・シャトーぶりアンヌ”も盛り込まれている。

神谷は「子どものころよく見ていたアニメ番組には、必ず“えかきうた”がありました。この歌も子どもたちに覚えてもらえるのかなと思うと、夢のよう。しかも26年目に突入した『クレヨンしんちゃん』の一員として、えかきうたを担うことができるなんて非常に名誉なことです」と、えかきうたの誕生に感激した様子。

この「ぶりぶりざえもんのえかきうた」は、8月4日(金)の放送から番組内でオンエア。

また放送よりひと足早く、7月15日(土)に開幕する「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」内の、「クレヨンしんちゃん オラのRAKUGAKI部屋」(開催場所:EXタワー17F)でお披露目されることも決定。

この部屋には壁一面に子どもたちが自由に落書きできるスペースが用意されており、レコーディングを終えた直後の神谷が自ら歌いながら、初めて描いた貴重なぶりぶりざえもんのイラスト色紙も展示される。

神谷は「ポイントは、2つの目玉焼きをイメージして鼻を描くこと! ぶりぶりざえもんは、しんちゃんの落書きから生まれたキャラクターですので、少しぐらい間違えてもOK! 気楽にいっぱい描いてくれたらうれしいです!」と呼び掛けた。

■ 神谷浩史コメント

レコーディングではぶりぶりざえもんらしく、気取った感じを意識しながら歌いました。ぶりぶりざえもんは“ジャン・ピエール・アンドレイ・ジョセフド・シャトーぶりアンヌ”の名を持つ、自称フランス貴族なので、それにふさわしくメロディーは高貴なイメージに仕上がっています。

でも歌詞に登場するのは“めだまやき”や“うめぼし”など身近なものばかりでとても覚えやすいですし、基本的にぶりぶりざえもんはしんのすけのらくがきから生まれたキャラクターなので、気楽に描いてもらえればうれしいですね!

昨年、ぶりぶりざえもんの声優に就任した直後は偉大な先代の後を継ぐというプレッシャーの中、まるで平均台の上を歩いていくかのような感覚で堅苦しく役作りを考えてしんどかったのですが、1年間かけて少しずつしんちゃんのキャラクターと触れ合い、視聴者の皆さんにも受け入れていただく中で、楽しみながら“神谷版ぶりぶりざえもん”というものに挑戦していけるかなと思えるようになりました。

「クレヨンしんちゃん」という素晴らしい作品のキャストの一人として名前がクレジットされるなんて、本当に役者冥利(みょうり)に尽きるなと感謝しています!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)