「メアリと魔女の花」杉咲花が明かす、せりふを変えた映像の力!

「メアリと魔女の花」杉咲花が明かす、せりふを変えた映像の力!

映画「メアリと魔女の花」でヒロイン・メアリの声を務める杉咲花

7月8日、映画「メアリと魔女の花」が公開された。本作はスタジオジブリ制作部門の解散後、新たに立ち上げたスタジオポノックにて米林宏昌監督が初めて手掛けた長編アニメーション映画。

主人公・メアリは7年に1度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」を見つけたことで一夜限りの不思議な力を手に入れ、やがて魔法世界で起こる大事件に巻き込まれていく。

「ポノック」とはクロアチア語で深夜0時のことで、新たな一日の始まりという意味が込められている。「メアリと魔女の花」は、スタジオジブリで「借りぐらしのアリエッティ」(2010年)や「思い出のマーニー」(2014年)を生み出した米林監督の、新たな船出を飾る作品だ。

そんな本作で、ヒロインの声に杉咲花が起用された。杉咲は「思い出のマーニー」に出演しており、また「借りぐらしのアリエッティ」を大好きな作品だと語る。

杉咲に、オファーを受けた時の心境や、「メアリと魔女の花」への思いを聞いた。

──オファーを受けた時、どのように感じましたか?

私のことを覚えていてくださったんだと思って、とてもうれしかったです。1度ご一緒した方にまた声を掛けていただけるのは、幸せなことだなと思いました。

──米林監督と再会して、どんなことを話しましたか?

一度、ご飯をご一緒させていただいたのですが、その時に「また一緒にお仕事できるんだな」と実感しました。その時はアフレコの半年くらい前だったので、まだどんな作品になるかイメージはできなかったのですが。

──以前「借りぐらしのアリエッティ」が大好きだと話されていましたが、米林監督作品の魅力は何でしょうか?

色がたくさん使われていて、一度見ただけで忘れられない映像になっていることだと思います。「借りぐらしのアリエッティ」は、特に緑色が印象的でした。私は(アリエッティの声を演じた)志田未来さんに憧れていたので、そういう思い入れもあって、自分にとって特別な作品なんです。

──今作の映像については、いかがですか?

メアリが魔法大学を初めて訪れるシーンで、「すごい」というせりふがあったんです。でも、映像を見て、私は思わず「きれい」と言ってしまって。それを聞いた監督が「これはリアルな言葉だから、こっちにしよう!」と言ってくださって、採用になりました。そのくらい、(今作でも)映像の力が強いと思いました。

──「思い出のマーニー」の時と今回とで、声優を務める上で心境に違いはありますか?

私はどんな役を演じる時も、思いは変わらないです。でも、メアリはとにかくせりふが多いので、見てくださる方が私の声に飽きてしまわないかとか、叫ぶところが耳障りじゃないかなどの不安はありました。

そんな時に、監督から「メアリと一緒に楽しんでほしい」と言われたんです。それが、自分にとって救いの言葉でした。だんだん、アフレコを楽しめるようになっていきました。

──メアリと杉咲さんは似ていますか?

近い部分はあると思います。私もメアリと同じように、くせっ毛で、そばかすがあるんです。あと、背が低いところも…。でも、そういうコンプレックスに思っていたことを、メークさんにほめてもらったことがあって。

私はその時に、自分が「嫌だな」と思っていたことも、他の人から見ると「すてきだな」と思うこともあるんだなと思ったんです。作品の中で、メアリもマダムに褒めてもらって喜びます。そういう気持ちもすごく共感できました。

──役作りはどのようにしましたか?

役作りをしたというよりも、絵に引き出してもらったような感覚です。メアリのいろんな表情が描かれたイラストをいただいた時に、「メアリってこんな子なんじゃないかな」というのが伝わってきました。そこから私の中で、どんどん想像が膨らんでいきました。

──神木隆之介さんとの共演はいかがでしたか?

実は、神木さんとは全てのアフレコが終わった後でお会いしました。でも、神木さんがピーターを演じると聞いた時に、キャラクターのイメージが出来上がったのを覚えています。なので、アフレコをする時には、神木さんの声を想像しながらやっていました。

完成した映像を見た時、ピーターがそこで生きているみたいで、それによってメアリの輪郭もはっきりしたように思えました。神木さんが出演されたジブリ作品は、ほとんど拝見しています。「神木さんって、すごいな」とあらためて思いました。

──ところで、もし魔女になれたら何をしてみたいですか?

「魔女」と聞くとまずホウキを思い浮かべるので、ホウキに乗って、空を飛んでみたいです! 夜景がきれいな都会の空を飛びたいですね。

「メアリと魔女の花」でも、迫力のある映像を楽しめます。本当に自分が、ホウキで空を飛んでいるような感覚になりました。

──「思い出のマーニー」からの3年間は、どんなものでしたか? また、これからの目標があれば教えてください。

3年間に限らずですが、これまで思いもよらないことがたくさんあって、とにかくいろんなことを経験できました。

でも、まだ挑戦したことのないことの方が多いはずですし、例えば舞台に挑戦してみたいというのも考えています。それから、「いつかご一緒できたら」と思っている映画監督の方もたくさんいらっしゃいます。いろんなことに興味や憧れがあります。

──(一緒に)お仕事をしてみたい監督を1人、あえて名前を挙げるとしたらどなたですか?

1人!? 1人は難しいですね…。たくさんいらっしゃいます(笑)。いろんな方とご一緒して、経験を積んでいきたいです!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)