本田望結、ゴールデン初司会に「楽しくて幸せな時間でした」

本田望結、ゴールデン初司会に「楽しくて幸せな時間でした」

7月10日(月)の「ソダテル検定」で、徳光和夫&本田望結による63歳差の司会コンビが誕生!

7月10日(月)夜7時からテレビ朝日系で「日本ソダテル検定」が放送される。日本でトップクラスのキッズアスリートやさまざまな分野の天才を育てた人物を取材し、天才を育てるメソッド=“ソダテルメソッド”を“検定(クイズ)”形式で紹介していく子育て検定バラエティーで、「今絶対知っておきたい!天才ジュニアをソダテルメソッド30」を発表する。

司会に就任したのは、76歳の徳光和夫と今回がゴールデン初司会となる13歳の本田望結。テレビ史上最大の年の差=63歳差の司会コンビが誕生した。

競泳の瀬戸大也選手を一流選手に導いた父の驚きのソダテルメソッドをはじめ、体操の内村航平選手&白井健三選手の母が実践していた“家庭で簡単にできる育脳トレーニング”を紹介。

卓球の伊藤美誠選手、平野美宇選手、張本智和選手、水泳の池江璃花子選手、今井月選手、スキージャンプの高梨沙羅選手など、東京五輪メダリスト候補選手の秘蔵映像も続々と公開される。

さらに、天才卓球キッズ・松島輝空選手の壮絶練習にも密着。音楽界の名門“服部家”の一人娘で現役高校生バイオリニスト・服部百音の母・エリさんや、体操界の新星“ひねり姫” こと畠田千愛選手の母・友紀子さんの教育法にも迫る。

ほか、ピアニストの辻井伸行、世界的ミュージシャンが認める天才ギター少女・Li-sa-X、9歳で英検準一級に合格したバイリンガル少女・岡島花蓮さん、天才ゴルフ少女・須藤弥勒さん、ハーバード大に進学した廣津留真理さんを育んだ“ソダテルメソッド”が次々と明かされていく。

また、ロンドンに移住し、長男長女の子育てに奮闘している東大卒タレント・高田万由子の日常にも密着。石井一久&木佐彩子夫妻、北村晴男&北村まりこ父娘、具志堅用高&阿部麻衣父娘、田中卓志(アンガールズ)&母・三枝子さんの計4家族が、ソダテル検定(クイズ)に挑戦する。

そんな中、熟練のトークでスタジオをリードする徳光の隣で、落ち着きながらテキパキと番組を進行する本田は、クイズの合間には姉・真凛選手の素顔や家族の秘話を明かし、番組を盛り上げた。

収録を終えた徳光は、本田の進行ぶりについて「驚くほど滑舌がよく、話すスピードも言葉のメリハリも素晴らしい! しかもすべての音が腹式発声で、目配りもできていた」と大絶賛。「司会、もっとやってみたい? できるよ、間違いなく!!」と、太鼓判を押した。

一方本田は「ゴールデン初司会でドキドキしていたのですが、徳光さんが引っ張ってくださったので安心して務めることができました!」と、ホッとした表情で撮影を振り返る。

また、徳光は「この年の差司会コンビはある意味、テレビの歴史の1ページを作ったのではないかな。もう残り少ない人生ですから、あと2、3回は望結ちゃんとこの番組でタッグを組みたいね。次に会うときは、お小遣いあげるからね(笑)」と笑わせた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)