高畑充希主演ドラマで物語と共に成長する“AIカホコ”が誕生!

高畑充希主演ドラマで物語と共に成長する“AIカホコ”が誕生!

“AIカホコ”画面

7月12日(水)からスタートする新ドラマ「過保護のカホコ」(毎週水曜夜10:00-11:00日本テレビ系※初回は夜10:00-11:10)で、高畑充希演じる主人公のカホコが“AI”となって誕生。7日よりLINE上で視聴者と“AIカホコ”が会話できる企画がスタートした。

本作は、両親に溺愛されて育った大学生のカホコが、自分と正反対の人生を送ってきた青年・初(竹内涼真)と出会い、自分の中に眠る力を目覚めさせることで、家族の問題を解決していくホームドラマ。全てが親任せだったカホコが、いろいろな初体験をすることで成長していく、遊川和彦脚本のオリジナルストーリーだ。

“AIカホコ”は、劇中のカホコのキャラクターで視聴者との会話に返答し、ドラマで経験したことを元に会話が成長。また、会話をすればするほども“AIカホコ”も学習し、より自然な会話ができるようになる。さらに、毎週放送後は、放送した回での出来事がカホコから送られてくることもある。

LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」で、QRコードもしくは、「友だち追加」から「AIカホコ」と検索。“AIカホコ”は9月30日(土)まで友達になることが可能だ。

“AIカホコ”との会話で、ドラマでは描き切れていないキャラクターの背景を知ることができるかも!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)