映画「アリーキャット」で熱演した窪塚洋介が作品の魅力を語る!

映画「アリーキャット」で熱演した窪塚洋介が作品の魅力を語る!

映画「アリーキャット」で朝秀晃(通称:マル)を演じる窪塚洋介

7月15日(土)公開の映画「アリーキャット」で、野良猫のように街の片隅でひっそりと生きるボクシングの元チャンピオン・朝秀晃(通称:マル)を演じた窪塚洋介。

ひょんなことからマルのバディとなった、通称リリィこと梅津郁巳(降谷建志)と共に、マルがアルバイトで知り合った冴子(市川由衣)を守るために奮闘する。そこから自分自身の生き方を見詰め直し、次なる一歩を踏み出す姿を描く。

今回マルを演じた窪塚にインタビューを敢行! 役作りから作品に懸けた思いまでたっぷりと語ってもらった。

――中野剛プロデューサーによる榊英雄監督とオリジナル脚本で、窪塚さんと降谷さんをイメージして制作されたということですが、最初に台本を読まれたときはいかがでしたか?

設定やストーリーもそうだし、出てくる車とか、なんとなく昭和のにおいがするなって思いました。

――マルに対してはどんな印象を持たれましたか?

自分とは遠い役だなと思いました。俺だったら、マルのように過去に引きずられて後悔して、諦めてくすぶってるという、そういうライフスタイルにならないかな。人生の時間は限られているし、もったいないって思っちゃうからね。

それでも彼は優しくて、ただ幼少期の母親との関係もあって、愛情にすごく飢えている。ボクサーとしてプロになって、すごくいい時間を過ごしたこともあったと思うんですけど、今は希望を持てない生き方をしているんだろうなって思いました。

――マルに共感できる部分はありましたか?

分かろうと思ったら全部分かるし、そうじゃなきゃできないですね。「ばかだなぁ」って思いながら演じるか、「そうだな」って思いながら演じるかどっち?って言ったら難しいけど。

ただ、俺はずっと踏み出しているような毎日で、自分の曲の中にもあるんですけど、「一歩、一歩、最初の一歩が永遠に続く」っていう、一回選んだら終わりではないと思っていて。普段のわずかな行動も全部、自分が選んだことじゃないですか、だからすべての選択を自分らしく選んでいきたいなと思っていて。

いろんな意味での“爆弾”を抱えていたマルが、リリィという鍵を手に入れて。リリィじゃなければ、マルの次の部屋のドアを開けられなかった、自分たちではどうにもならないことを追い掛けて、追い詰められて次のステージへブレイクスルーする。

それが復活であり、再生であり、次のステージに踏み出すということなので、そこはとっても共感できる部分でした。

――撮影現場はどんな雰囲気でしたか?

撮影中、ずっとみんなで作っている感じがありました。監督を立てて、最終ジャッジも監督がするということは、みんなの中での暗黙の了解としてあるんですけど、みんながいろんな意見を出し合っていました。

火野(正平)さんが「ここはもっと踏んずけて、サッカーボールみたいにしたらいいんじゃないかな」とか、品川(祐)さんが「どんどん痩せていきたい」とか、いろんなアイデアを出し合って作っていましたね。

――マルについても監督と話し合いながら作られたんですか?

撮影上の具体的な話もそうですが、母親との関係性や過去にこういうことがあったっていう確認をしていました。最初の本読みの時点でこの役について掘り下げるということはなかったです。

榊さんの中でマルと俺が一体化していて、そのままではないけどそれに近い何かはあったみたいです。ただ先述したように、俺にとっては俺じゃなくてすごく遠い役でしたね。

役になるというか、自分と役を混ぜてどっちかっていうといつもより重心が役側にあるという感じでした。ただこれまでは、盛って演じることの方が多かったのですが、今回は自分の中にあるものを引いたり削ったりして、演じました。

――降谷さんとの共演はいかがでしたか?

すごい財産になりましたね。建志くんは俺に「胸を借りた」って言ってくれて、その後は音楽の現場で胸を借りて、そういうふうに未来にもつながっているし。

建志くんは持って生まれた才能があって、ピュアでストイックで、映画がすごく好きで。撮影の合間も、移動中の車の中でも演技のことを話したり。例えば2人で並んだときは、俺は必ず左側にいるようにしようって話したりして、とにかく互いに影響を与えられたと思います。

――高川祐也さん演じる南雲議員とのシーンは大変でしたか?

取っ組み合いですからね、結構長い時間がかかりましたね。マルがフラフラになってる感じなんだけど、でもやられっぱなしじゃおかしいし、でもフラフラ過ぎたら駄目だよなとか、ボクシングのフォームとか細かい部分にもこだわっていましたね。

――品川さん演じる玉木は、ある意味怖い役でしたがいかがでしたか?

品川さんいいですよね! どんどん痩せていって、本当に体重を落としていて。表情とか、感情も出さないってことを意識していましたね。あの人も本当に映画が好きですからね。

でも普段は監督で役者さんに自分が言う方だから、自分が演じるのは緊張するって言ってましたけど(笑)。

――最初のシーンでネコが出てきていましたけど、ネコは好きですか?

親友の家にネコがたくさんいたから触れ合いはあったけど、飼ったことはないんです。でもネコ好きの人にも見てほしいですね(笑)。

――撮影中、大変だったことはありますか?

撮影が2週間と決まっていたので、過酷でしたけど濃厚な時間でした。冬に撮影していて、めっちゃくちゃ寒くて大変でした。

でも現場はアツくてピュアですごく楽しかったし、すごいいい時間でしたね。

――この作品は窪塚さんにとってどのような作品ですか?

建志くんとの出会いでもあるし、これから先の指針になるような作品ですね。ネクストステージに行くっていう、そういうところもシンクロしてるのかなって思います。

――最近、プライベートでハマってることはありますか?

プライベートと仕事の境目があんまりなかったりして、なんとも難しいですね。でも映画が好きなので時間があればよくDVDを見てますね。

――お薦めの映画は何ですか?

絞るのは難しいけど、「寝ずの番」(2006年)ですね。津川(雅彦)さんがすごいなって思いました。作品の中で演者は大泣きしてるのに、見てる側は大笑いできる。逆もそうで、そこがすごいなって思いました。

――最後に見どころをお聞かせください。

うーん、ここという見どころではなくて、全部ですね! 最初から最後まで目が離せないので、全部見てください!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)