松本人志、松居一代の一連の行動に「やっぱ暇なんじゃないか」

松本人志、松居一代の一連の行動に「やっぱ暇なんじゃないか」

松本人志が松居一代の行動に言及

松本人志をはじめとした芸能人がコメンテーターを務め、独自の視点で時事問題や芸能ニュースを取り上げるバラエティー「ワイドナショー」(フジテレビ系)。7月9日の放送では、コメンテーターとして千秋、土屋礼央(RAG FAIR)、堀潤が登場した。

「恐怖の告白」と題したブログで物議を醸している松居一代が、YouTube上の動画でも衝撃告白を行ったことについて取り上げた。

松居が夫・船越英一郎のノートを見た結果、週刊誌の不仲記事は夫の策略だという。対する船越は、松居の執拗(しつよう)なDVに悩んでいて、離婚の申し立てをしたとのことで、近く2人は離婚調停に入るという。

土屋は「僕が船越さんだったら、謝るしかない」、堀は「メディア戦略がすごく上手」、千秋は「船越さんのことが好きなのか嫌いなのか分からないし、離婚したいのかしたくないのかも分からないし、困らせたいのか謝ったらすぐ許してくれるのかも分からないんだけど、本人も分からなくなってきてるのかな」とそれぞれコメント。

松本は「たぶんないでしょうけど、週刊文春と組んでるとしたらすごい」と独自の推論を示し「日本国中を巻き込んだ夫婦げんかですよ。夫婦げんかは犬も食わないといいますけど、全員食わされてる感じ」と言い、一同を笑わせた。

続けて「僕も松居さんと何度か仕事させてもらってますけど、真面目な人だなっていうイメージがあって、正義感の強い人なんだろうなと思う。でも、そのベクトルが変な方向に行ってて、やっぱ暇なんじゃないかと。

みんな一生懸命働いてるのに。借金あったら絶対こんなことしてる場合じゃない」と松本は、持論を展開した。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)