「警視庁ゼロ係」現場で小泉孝太郎&松下由樹の誕生日をお祝い! 1日違いにビックリ

「警視庁ゼロ係」現場で小泉孝太郎&松下由樹の誕生日をお祝い! 1日違いにビックリ

「警視庁ゼロ係2」の現場でWバースデー祝いが行われた小泉孝太郎、松下由樹

7月21日(金)スタートの「金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON』」(テレビ東京系ほか)の撮影現場で、主演の小泉孝太郎と、松下由樹の誕生日を合同で祝うサプライズが行われた。

小泉が7月10日生まれ、松下が7月9日生まれとバディを組む2人が奇跡的に誕生日が1日違いということで、共演者を含め現場全体がお祝いムードに。

それぞれの役柄・冬彦(小泉)と寅三(松下)の役の色に合わせ、小泉には赤いスニーカー、松下に青いスニーカー、そしてワインがプレゼントされた。

小泉は「松下さんと1日違いというのにビックリしました。バディを組むために僕らは生まれてきたんだなと(笑)。初心に帰ってゼロからのスタート! 39歳頑張りたいと思います!」と意気込みを語った。

また、松下は「冬彦さんとのバディの関係も前回から間が空いたとは思えないくらい楽しんで撮影しています! このゼロ係を新たな代表作として残していけるように頑張っていきたいです」と満面の笑みを浮かべ、楽しんでいた。

■ 7月21日(金)放送・第1話あらすじ

厄介払いされたメンバーが集められている杉並中央署の「なんでも相談室」、通称ゼロ係の小早川冬彦(小泉)は、オリンピック競技場建設予定地で仕掛けの施された首つり遺体の第一発見者となる。

殺害方法が作家・風間輝樹の小説に酷似していると気付いた冬彦は、バディを組む寺田寅三(松下)と共に編集部へ向かうが...。

一方、杉並中央署の副署長に元公安部・参事官の警視正、氷川小百合(若村麻由美)が着任する。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)