中島健人、芳根京子の呼び掛けに「保健の先生か!」

中島健人、芳根京子の呼び掛けに「保健の先生か!」

「心が叫びたがってるんだ。」に出演の芳根京子

中島健人(Sexy Zone)と芳根京子が、7月22日(土)より全国公開される映画「心が叫びたがってるんだ。」のロケ地となった埼玉県立秩父高校に、10日、感謝を込めてサプライズ訪問。撮影のお礼と映画完成の報告とともに、作品にちなんで「いま叫びたい青春の悩み」をテーマに、高校生から寄せられた相談に答えた。

本作は、原作の舞台でもある秩父でほとんどが撮影され、今回訪問した秩父高校でも重要なシーンの撮影が行われた。

その一つは屋上での、4人が集まりミュージカル制作の打ち合わせをするシーン。武甲山はもちろん、秩父市内が一望できる大パノラマをバックに、初めてメインキャスト4人がそろった撮影だった。

今回のイベントでは「ここさけ」のプロデューサーが撮影のお礼と映画完成の報告に来たという名目で、全校生徒約700人に体育館に集まってもらい、まずはプロデューサーの清水博之氏が登壇。

撮影のお礼と映画完成の報告をし、「私1人では、この映画の魅力を伝えきれないと思ったので、今日は助っ人に来てもらっています」と話し、会場からざわめきが。すると、MCが中島と芳根を紹介し、割れんばかりの歓声が起こり、2人が登場した。

まず、中島は「元気ですか? 男性諸君も元気ですか? (いいリアクションを受け)最高だな。秩父という『ここさけ』が生まれた場所で撮影ができて幸せでした。今日は皆さんと楽しい時間を過ごしたいと思います」と華麗にあいさつし、負けじと芳根も「皆さん、こんにちは。女の子、元気ですか? 今日は球技大会ということで、時間を頂きありがとうございます。少しの時間ですが、皆さんと一緒にすてきな時間を過ごしたいと思います」と、笑顔を振りまいた。

学生たちからの熱狂的な歓迎を受け、中島は「今日の気温よりもメチャメチャ声援が熱い!! 声援に包まれて登場したときは気持ち良かったし感動しました。ありがとうございます」と喜びを表すと、芳根は「すごいうれしいです。うれしい。暑いので熱中症にならないように。体調が悪くなったらすぐに言ってください」と呼び掛ける。

すると、すかさず中島が「保健の先生か!」とツッコミ、会場は笑いに包まれた。

そして司会者から、自分の役の“特にここを見てほしい!”という見どころを聞かれると、2人は「僕が演じる拓実が『武甲のお月さま』をおじいちゃん、おばあちゃんとおいしそうに食べるシーンがあるんです。あれはおいしかった」(中島)、「全部! 4人が本当にキラキラ輝いているので全部見てほしいです!」(芳根)と、それぞれアピール。

また、生徒から事前にプロデューサーへ寄せられた質問に、2人が答えることに。

「私は上がり症なのですが、どうやったら緊張せずに人前に出られますか?」という質問に、中島は「僕もすっごく緊張します。いい緊張はいいパフォーマンスにつながります。僕は緊張と友達になります。

目標を持って、目標を達成するために、緊張に負けるわけにはいかないという意思があれば、緊張も自然に友達になり、味方になると思います。あとは深呼吸してリラックスして臨んでください」と独特の表現でアドバイスを送った。

一方、芳根は「香川照之さんにご相談したら、その緊張を超える経験をすれば今の緊張は小さく感じるようになるから何事も経験だと。だから今はたくさん緊張していいんだなと思いますし、ある程度緊張感を持って伝えると、より伝わると思います」と、こちらも具体的な助言を学生たちに送っていた。

さらに、今度は直接2人への質問を受け付ける時間が設けられ、たくさんの挙手が。

「生徒会長をさせていただいていますが、大人になって自分で積極的にいろいろすると、しゃしゃり出ている感じで周りから嫌われないかなと…」という質問に、芳根は「全然そんなことはないです。平気だと思います。私が人見知りなので、すごく格好いいなと思って聞いていました」とフォロー。

中島も「格好いい! この場で手を挙げられること、すてきなことだと思います。何か変わったことをすれば、反対意見は必ずあるけど、それは悪いものではないと思うし、前に進む気持ちを持って自分らしくいれば、きっと夢にたどり着くと思います。ありのままで突っ走っていってください。いい生徒会長、いい学校だね」と、しっかり発言した勇気をたたえた。

最後に、学生たちへ「この作品は、“最高の失恋”を描いています。でもその失恋は悪いことではなくて自分が強くなるものだと思いますし、今日という日、明日という日がものすごく楽しみになる作品になってます。ぜひこれを見て、今思っていることを思いっきり叫んじゃってください」(中島)

「大切な人と見て、心にあることをぜひ、叫んでほしいなと思います。胸を張ってお届けできる作品を作れたと思っていますし、この作品を作れたのは秩父の皆さんのおかげだと思っています」(芳根)と、それぞれメッセージを送り、イベントは終了した。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)