アイアンマン登場に子どもたちも大興奮! マーベル副社長が小学校で特別授業

アイアンマン登場に子どもたちも大興奮! マーベル副社長が小学校で特別授業

小学校での特別授業に登場した、マーベル・エンターテインメント社・バイスプレジデントのC.B.セブルスキー氏とアイアンマン

7月10日、都内の小学校で「マーベル特別授業『未来のアベンジャーズを目指そう!〜マーベル・ヒーローの魅力〜』」が行われ、マーベル・エンターテインメント社・バイスプレジデントのC.B.セブルスキー氏が登壇した。

これは、7月22日(土)朝8時スタートのテレビアニメ「マーベル フューチャー・アベンジャーズ」の放送開始を記念したもの。授業に参加した小学3〜4年生の子どもたち約60人は、同作品の試写後、セブルスキー氏による授業を受けた。

子どもたちの前ににこやかに登場したセブルスキー氏はまず、「僕は君たちと同じぐらいの年の頃、漫画やアニメが大好きでした。皆さんはたぶん仮面ライダーやプリキュア、パワーレンジャーを楽しんでいると思いますが、僕はスパイダーマンやアベンジャーズが大好きでよく見ていました」とあいさつした。

「僕の子どもの頃の夢は、『ヒーローを作るような仕事をしたい』ということでした。そして、その夢を頑張ってかなえ、今こうして皆さんにお話ししています」と続けたセブルスキー氏。「アイアンマンやキャプテン・アメリカは華やかなスーツを着て戦っていますが、例えば警察官も警察官の制服・スーツを着て働いています。僕の会社が皆さんに伝えたいのは、『どんな人でもヒーローになれる』ということです」と、子どもたちに情熱的に語りかけた。

その後、セブルスキー氏はアベンジャーズのヒーロー1人ずつを、フリップを用いて説明。「キャプテン・アメリカは体を一生懸命鍛えて、強い体を作ってヒーローになりました。だから、皆さんもおうちに帰ったらご飯をたくさん食べましょう」というように、ヒーローたちから学べる、自分たちにも出来ることを紹介した。

次に、子どもたちからの質問コーナーが行われた。「どうしたらマーベルのような大きな会社に入れますか?」という質問には、「自分の仕事が大好きになることです。僕は漫画やアニメやヒーローが大好きで、自分の人生のヒーローになろうと思い一生懸命頑張ったので入社できました。あと、英語を勉強することも大事です(笑)」とアドバイスを送った。

質問が終わると、写真撮影の時間に。ここで、もう一人のスペシャルゲストであるアイアンマンが教室に登場。子どもたちからは大歓声が起こった。セブルスキー氏も、子どもたちに囲まれるアイアンマンを自前のスマートフォンで撮影したり、ペンと紙を使って子どもたちにキャプテン・アメリカの盾の描き方を教えたりと、子どもたちとの交流を最後まで笑顔で楽しんでいた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)