高橋一生、初の海外ドラマ吹き替えで葛藤するイケメン俳優役に

高橋一生、初の海外ドラマ吹き替えで葛藤するイケメン俳優役に

高橋一生が演じるのは、自分が演じる役に嫌気が差しているイケメン俳優・ケヴィン(写真中央右)

NHK総合にて10月1日(日)よりスタートする、海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」(毎週日曜夜11:00-終了時間未定)で、高橋一生が主人公の声を務めることが分かった。

本ドラマは昨年アメリカで大ヒットした話題作で、誕生日が同じ36歳の男女3人の物語。置かれている状況も性格も全く違う3人が、それぞれの“人生の壁”を乗り越えていくうちに、次第に運命の糸がたぐり寄せられ…というヒューマンストーリーだ。

高橋は主人公の一人で、自分が演じる役に嫌気が差しているイケメン俳優・ケヴィンの声を演じる。「国を越えて、30代半ばの人たちが考えたり葛藤したりすることが同じであることに驚きました」と明かす、高橋自身も36歳。

「特に私が演じるケヴィンは職業が俳優ということもあり、彼の葛藤はとてもよく理解できます。人生に立ち向かっている人や、そうした経験をした人など多くの方に共感してもらえるドラマだと思います。ぜひ、ご覧ください」と呼び掛ける。

なお、高橋が海外ドラマの吹き替えをするのは初めてのこと。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)