長瀬智也が断言「ヘンタイじゃないと表現はできない」

長瀬智也が断言「ヘンタイじゃないと表現はできない」

「ごめん、愛してる」に出演中の長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎の座談会インタビュー

7月9日にスタートしたドラマ「ごめん、愛してる」(TBS系)に出演している長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎。幼いころに親に捨てられた岡崎律(長瀬)、いつしか律に引かれていく凜華(吉岡)、天才ピアニストのサトル(坂口)というキャラクターについて、それぞれの役へのアプローチ方を語ってくれた。

長瀬「律の人生観やバックボーンは、考えたらキリがないくらいいろんなことがあって…。心の中で思っていることが多い役だけど、それを全部出してもうるさくなるから、引き算も必要かなと。言葉に出さないけど抱えている思いを表現したいです」

吉岡「凜華を演じるには、とにかく愛する人に向き合う熱量をどんどん高めて、はたから見たらおかしいくらい、一線を越えた感情を作らないと。濃くなることを恥ずかしがらずに演じていきたいです」

坂口「サトルは母の愛情を受けて育っていても、どこか欠けている…虚無感、空っぽさがある。ワガママもそこからくるもので。サトル本人は悪びれてないけど、ちょっと間違えると冷たい人間に見えてしまうから、そこをどうやってキュートな愛すべきキャラクターにするのか、ちょうどいい塩梅を見つけるのが難しいですね」

また、お互いの印象を聞いてみると――。

長瀬「坂口くんは、TOKIOの番組にゲストで来てくれたときにいろいろしゃべって、お芝居しているときの姿と、本人のギャップがすごくクールだったんだよね。自分にしかできないことを武器にしてるなって思う。ナチュラルさは坂口くんの持っているすごさ。多分、人間性としてはヘンタイなんじゃない?(笑)」

吉岡「何をしでかすんだろう?って」

坂口「そんな爆弾みたいな存在ですか、僕は(笑)」

長瀬「でもちょっとくらいヘンタイじゃないと表現はできないよ。僕自身、大ヘンタイだもん。レコーディングしていて、マイクとスピーカーの距離とか、こだわるところがヘンタイ的。ほかの人が聞いたらちんぷんかんぷんだよね」

ヘンタイカミングアウト(?)も飛び出した座談会の様子から、それぞれの素顔と現場の雰囲気の良さが伝わってきた。

「ごめん、愛してる」は毎週日曜にTBS系でオンエア中。7月16日(日)には第2話が放送される。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)