「下北沢ダイハード」エンディングで柄本明が下北沢をブ〜ラブラ

「下北沢ダイハード」エンディングで柄本明が下北沢をブ〜ラブラ

「下北沢ダイハード」エンディング映像に出演する柄本明

7月21日(金)からスタートする、ドラマ24「下北沢ダイハード」(テレビ東京系)のエンディングテーマが、雨のパレードによる書き下ろし楽曲「Shoes」に決定した。

さらに、雨のパレード「Shoes」がバックに流れる番組のエンディング映像に、柄本明が出演。下北沢に住んで約40年になるという柄本が、夜の下北沢を、ジャージ姿で自転車に乗ってブラブラする。

撮影時は、あまりにも自然に街に溶け込んでいたため、撮影中と気付かれず街の人から一緒に飲みに行こうと誘われる一幕もあり、柄本本人も「まあ普段、住んでいるところですからね。(普段も)こんなもんです」とかなり自然体だった様子。

そんな肩の力が抜けた自然体の柄本が出演する映像で監督を務めるのは、番組総合演出でもある関和亮監督。星野源やPerfumeの映像作品などでも知られる人気映像作家の関は、柄本の下北沢散策をどんな映像に仕上げるのか?

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)