古坂大魔王がスキップのできない釈由美子に「笑×演」で歌&踊りネタを依頼した理由とは!?

古坂大魔王がスキップのできない釈由美子に「笑×演」で歌&踊りネタを依頼した理由とは!?

「笑×演」初登場の古坂大魔王がスペシャルで新たな音ネタを公開!

テレビ朝日で毎週水曜夜1時56分から放送中の「笑×演」が全国ネットで7月15日(土)夜9時58分から「笑いの舞台に俳優参戦 真剣ネタ対決!笑×演」(テレビ朝日系)と題し、スペシャルを放送。

笑いのプロである芸人がネタを作り、演じるプロの俳優がそのネタに挑み、“芸人×俳優”の化学反応が魅力のドキュメンタリーバラエティー。スタジオで完成したネタを披露するまでを番組が密着し、芸人がネタに込めていた意図や笑いを作り出すプロセス、俳優の役ヘの向き合い方や作り上げていく過程など、普段見ることのできない裏側が見られることも好評となっている。

初登場となる古坂大魔王は、釈由美子&山西惇とタッグを組む。ピコ太郎が世界的に大ヒットし、世界を股に掛けて活躍中の古坂にお笑いに懸ける熱い思いや、音楽へのこだわりなどを聞いた。

――稽古中の印象的なエピソードはありますか?

釈さんは稽古も一生懸命。スキップができないから、踊りの部分をとても気にされていたんですね。でも、うまく踊れちゃうと今度は面白くない。このコントは、“ヘタウマ”にこだわっていて、きちんとせりふを言うだとか、テンポよくネタができるとか、そこの軸はぶれずにうまさを感じさせて。でも、あとは細かいところは失敗しても全く問題ない、ぐちゃぐちゃになっちゃってもいいかなと。

――失敗してしまっても、一生懸命な釈さんがとてもかわいかったです。

ありがとうございます! うれしいです。そう、“釈由美子”はかわいいんです! 人って、かわいいものを見るときに笑顔になりますよね。それも、僕は笑いだと思っているんです。かっこいい人とか美人なだけだと笑えないけど、そこが崩れるから笑えるようになる。だから、どれだけ釈さんをかっこ悪く、かわいく見せるかにこだわりました。本当にかわいかったですよね。最後とか、最高でした。

――今回、ネタを書いて他者に演じてもらう側に回っていかがでしたか?

次やるとしたら、音を使わないネタもやってみたいですね。でも、ずっと使うネタも面白そうですよね。とはいえ、1回落ち着きたいです。まぁまぁパワーが必要だったんです、今回(笑)。音も車の中でずっと聞いていて、「今のいらないな」とか、「どっちがいいかな?」って繰り返し聞いて、今朝(収録当日)ラストの音を送れました。ギリギリで追加させていただきまして。こう見えて、意外と真面目なんです(笑)

――リハーサルもこだわりがすごく感じられました。お二人の様子はどうでしたか?

本番前に1回くらい練習するのかなーと思ったら、全然練習しないんで、「あれ?」って(笑)。 

場当たりの後も、自分たちだったら、あと2、3回はやるんですね。それなのに、お二人は本番でバッチリ照準を当ててきたのですごいと思いました。

釈さんもすごいんですけど、実は山西さんもすごいんですよ。バランスがすごかった。たとえ釈さんがテンポを間違った場合でも、合わせてくださいとお願いしていたんですが、

山西さんは関西出身だから、テンポが大事な笑いも分かってくださって、タイミングもバッチリ。しっかり支えていただきました。本当にすごかったです。

このまま、“ラ・ママ”の新人コント大会に出てもいいのかなってくらいのクオリティーでしたよね。

――今後、オファーがあったらネタを作ってみたい人は?

5人とか、1人とか、3人とかコンビ以外にも興味ありますね。僕は元々3人だったので。実は今回はやらなかったコントがあるんです。コント中ずっとBGMが流れていて、その1曲の中に全てのコントが収まっているというネタでして、キープしてあります。

ただ…とりあえずちょっと休ませてください(笑)。俺、一生懸命やるんで、ちょっとだけ…。夏のお仕事が終わるまでお願いします! でも、本当に楽しかった!

――番組の魅力については、どのように感じていますか?

唯一、レギュラー放送されているネタ番組だというところですね。でも、唯一のネタ番組なのに、俳優がやっているっていう面白さ。これが今だなって思いますね。今の世の中がそういうふうになっているのかなって。

芸人が家電を紹介したり、芸人がスポーツに挑戦したり、山に登ったり。スポーツ選手が歌を歌ったり、そういう中で俳優もコントをやってみたり。

この番組はお笑い側としても、腕の振るいがいもありますし、神保(悟志)さんみたいにお笑いにハマってくれる人もまだまだ出てくると思うんです。笑っていただいたときが快感で、とても気持ちよくて。これがお笑い芸人にとっては刺激のような、やめられない理由なんだと思います。

――最後に、視聴者にメッセージをお願いします。

今回、初めて「笑×演」でコントを作らせてもらいました。釈さんと山西さんの意外な一面がたっぷり見られると思います。ただ、ネタが始まってから20秒は我慢してください。でも大丈夫です、後半はそのボディーブローがしっかりと効いてきますから。必ず、「ん?」って思っていただけると思います。ピコ太郎みたいにね!(笑)

このほか、コントが苦手で自分たちは漫才しかできないというナイツが「遺留捜査」(毎週木曜夜8:00-8:54)に出演中の永井大&甲本雅裕に、あえてのコントネタを書き下ろし。コンビ結成以来となるコントネタの出来栄えは…?

また、ロッチは個性派俳優の加藤諒&2回目の出演となる神保悟志のコンビに、“部活動コント”を執筆し、熱いコントが繰り広げられる。

アンガールズは、自分たちとは正反対の肉体派熟年二枚目俳優の渡辺裕之&野村将希コンビにコントを提供。

さらに、レギュラー放送前の特番で優勝経験のあるハライチが奥菜恵&堀内敬子の女優コンビに超シュールなコントを書き上げた。

果たして、優勝を手にするタッグは!? 芸人の本気と俳優の本気によって作り上げられた極上なネタが繰り広げられる「笑×演」。芸人と俳優だからこそ起こる化学反応が楽しめる、新感覚の笑いをたっぷり堪能しよう。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)