上川隆也「遺留捜査」はバースデーに撮入!『こんなに幸せなことはありません』

上川隆也「遺留捜査」はバースデーに撮入!『こんなに幸せなことはありません』

「遺留捜査」クランクインは上川隆也のバースデーだった

上川隆也主演ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系)の第4シーズンが、7月13日(木)にスタートする。

本作は、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁。事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと、超マイペースで空気を読まない不思議キャラで、視聴者をとりこにしてきた刑事・糸村聡(上川)の活躍を描く、人気シリーズだ。

第4シーズンは舞台を京都に移し、京都府警の精鋭チーム“特別捜査対策室”、通称“特対”メンバーと共に糸村が事件の真相をひもとく。

先日行われた制作発表記者会見で、撮影は快調に進んでいることがキャストたちから報告されたが、実は第4シーズンの撮影がスタートしたのは5月7日で、主演・上川の誕生日だった。

クランクイン当日、スタッフは上川に内緒でサプライズセレモニーを準備。上川演じる糸村とコンビを組む刑事・神崎莉緒役の栗山千明と共にバースデー祝いが行われることに。

「本日は上川さんのお誕生日ですー!」とスタッフが大きな声をかけたのをきっかけに、スタジオには大きな拍手が沸き起こり、上川は「ありがとうございます! よろしくお願いいたします」とあいさつ。

恐縮した表情を浮かべていたが、その直後、登場したスペシャルケーキを見て…「うわ!」と仰天する。

それもそのはず、用意されたケーキは、番組のイメージカラーであるグリーンを背景に、上川扮(ふん)する糸村刑事が描かれた特注品で、上には上川の愛犬“ノワール”の姿まで…。

上川は「ケーキにノワールがいますね! すごい!! 僕とノワール、どちらがお祝いしてもらっているんだか一瞬迷いますが(笑)、本当にありがとうございます」と、スタッフの気遣いに大感激していた。

さらに「自分の誕生日に撮影が始められるなんて、本当にこんなに幸せなことはありません。皆さまのお力をお借りして、最後まで勤め上げたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします」と、気合いも新たに撮影に臨む決意を語った。

そんな第4シーズンの初回2時間スペシャルは神戸港を周遊する遊覧船で爆発が起き、乗員乗客を人質に取られるという奇怪な事件に、糸村をはじめとする“特対”の面々が挑む。

ゲストも伊東四朗、財前直見という豪華布陣で、連続ドラマ「お水の花道 女30歳ガケップチ」(1999年)、「新・お水の花道」(2001年、共にフジテレビ系)で共演した上川、財前、戸田恵子が16年ぶりにそろうとあって、早くも話題が集まっている。

上川本人も先日のトークショーの壇上で「初回から豪華なゲストの方々に支えていただき、ラストのシーンは僕自身も胸が熱くなりました。『遺留捜査』が帰って来たなぁ…と思える第1話でした!」と手応えを語っていた初回2時間スペシャルに、期待は高まるばかりだ。

なお、詳しい見どころは、13日朝6時掲載のWEBサイト「ザテレビジョン」オリジナル【試写室】で!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)