Barマングローブが闘牛場に!? “闘牛女子”がきいやま商店に牛の熱血指導

Barマングローブが闘牛場に!? “闘牛女子”がきいやま商店に牛の熱血指導

闘牛の技を体感するだいちゃんとマスト

琉球放送(RBC)で毎週金曜深夜に放送されている「夜ふかしマングローブ」。7/14(金)の放送では、牛を愛する“闘牛女子”が登場する。

同番組は、金曜の夜にひっそりと沖縄のとある場所で営業している「Barマングローブ」に仕事や趣味で“独自の世界”を持った個性的なお客様が来店し、それに対する熱い思いや裏話を語るトーク番組。

今回、Barマングローブに来店したのは、うるま市石川出身のフリーカメラマン久高幸枝氏。久高氏は、「牛カラヤー」(牛飼い)一家の長女として生まれ、現在も牛と暮らし、牛を育てる、筋金入りの牛好き。2013年に自身が撮りためた闘牛の写真集「闘牛女子」を出版。そのタイトルは久高氏の代名詞ともなっている。

早速、久高氏からマニアックな闘牛トークが展開されるも、店長の空馬良樹と店員の松田ゆうな、きいやま商店らはきょとんとした表情。一同の温度差にたまりかねたようにだいちゃん、マストを闘牛に見立て、角の生え方から技の種類まで、“闘牛女子”による熱血授業が始まった!

知っているようで意外と知らない、闘牛の魅力。番組は、7/14(金)深夜0:30〜琉球放送(RBC)で放送される。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)