浅川梨奈、長編映画初主演も「不安よりも喜びの方が大きかった」

浅川梨奈、長編映画初主演も「不安よりも喜びの方が大きかった」

「人狼ゲーム マッドランド」で主演を務めるSUPER☆GiRLS・浅川梨奈

7月15日(土)に公開される映画「人狼ゲーム マッドランド」で、長編映画初主演を務めるSUPER☆GiRLS・浅川梨奈にインタビューを行った。

同作品は、原作小説&コミカライズがシリーズ累計70万部を突破し、アプリゲームもヒットしている「人狼ゲーム」の実写化。

このシリーズでは、これまでにも桜庭ななみや土屋太鳳ら今をときめく人気若手女優が主演を務めており、今回が映画化第6弾となる。

近年アイドルとしての活動だけにとどまらず、女優としてもさまざまなドラマや映画に出演するなど、目覚ましい活躍を続ける浅川に、“人狼ゲーム”の魅力や、撮影の裏側などについて語ってもらった。

――第6弾ということで、人気のあるシリーズに主演として飛び込むプレッシャーはどうですか?

歴代本当にすごい女優さんが主演されていますよね! それに脇を固める方々もとても豪華なので、話を聞いたときは「私で大丈夫かな」と思いましたし、不安でした。でも、私は「人狼シリーズ」がすごく好きで、不安よりもこの世界観に入れる喜びの方が大きかったので、撮影はとても楽しみでした。

――では、過去シリーズで好きな作品はどれですか?

え! 好きだった回ですか〜!? 全部好きなので難しいですが(笑)、土屋太鳳ちゃんの「人狼ゲーム ビーストサイド」(2014年)と、古畑星夏ちゃんの「人狼ゲーム ラヴァーズ」(2017年)が好きです。特に星夏ちゃんの「ラヴァーズ」はめっちゃ泣けたので、強いて言えばこれが1番ですね。

――本作が解禁されたときのビジュアルもすごいインパクトでしたね!

そうですね。私も笑っちゃいました! ナイフ持ってる!って(笑)。

周りの方からも「人狼ゲームに出るの?」って驚かれましたし、普段からお世話になっているメイクさんも「人狼シリーズ」が好きで、情報が出たときに「えっ浅川梨奈が主演!?」ってビックリしていました(笑)。

他にも関係者の方で、「映画主演おめでとう!」って言ってくれる人や、この前はたいちゃん(平祐奈)からも「映画やるんだね〜?」って言われて、「うん。やるよー!」ってやりとりをしました。

情報が出た日は、LINEニュースにも、Yahoo!ニュースにも載っていて、何度エゴサ(ーチ)をしても人狼関連のニュースが出ていて、ありがたかったです。

――結構エゴサーチなさるんですね!

はい! 大好きです!(笑)

――でも、ネットは何にしても賛否両論ありますが…大丈夫ですか?

大丈夫です。むしろ「賛」よりも「否」の意見の方が好きですから。否定されているのを覆すのが楽しいと言いますか、燃えますよね! マイナスな意見って、自分では気付けない点でもあると思いますし、これは直さないといけないんだなと成長するきっかけにもなるので、大好きです。

――同じ建物内でほぼ完結する作品でしたが、撮影では精神的に追い詰められました?

私が演じた萌ちゃんの泊まった場所も3階という設定で、建物の3階の右奥にあるんですけど、実際に女性キャスト陣が泊まっている部屋も3階にあるんです。男性のキャストさんや、スタッフさんも同じ建物内に泊まっていて、朝から晩まで皆さんとずっと一緒でした。

外に行くのは、お風呂に入りに行くときに車で近くの温泉に入るくらいの時間しかありませんでした。確かに閉鎖空間で人を殺したり、周りの人が殺すところを見たりというのは精神的にもつらい部分ではあったのですが、演技をするために来ているんだという感覚が味わえて、すごく楽しかったです。

閉鎖的な空間だったので、「もう嫌だー!」ってなることもあるかなと思ったんですけど、昼ご飯と夜ご飯が温かったんです。ケータリングでアツアツのご飯が食べられるだけで、幸せな気持ちになりました。

ロケなので冷たいご飯なのかと覚悟していたんですけど、温かいのが出てきてめっちゃテンションが上がりました!

――10人のメンバーは初顔合わせですか?

初共演ですが、撮影前に台本の読み合わせとリハーサルとお祓いがあったので、数回は顔を合わせていました。でも、みんなクランクインの前日には現地に入って、その夜のお風呂も温泉だったので、そろって初日から裸の付き合いをしたおかげで、すぐに打ち解けることができました(笑)。

――まさに心理戦ですが、そういうのは得意ですか?

苦手です。私はすぐ顔に出てしまいますし、すぐウソがばれちゃいます。うそをつけないタイプで、何でも本当のことを言っちゃうんですよ。

――サプライズとかも苦手な方?

サプライズは必死にやるので、大丈夫…と言いたいところですが、結局バレていることも多いです(笑)。昔、友人のお母さんに協力してもらって、友人の家の合い鍵を借りてバースデーサプライズの飾り付けをしたんです。

迷路のような感じで「右に曲がって」とか「●●の部屋に行って」とか、最後はリビングに誘導して、クラッカーをパーン!って祝いました。

唯一成功したサプライズはそれなんですけど、調子に乗って違う友達にも同じことをやろうとしたら、飾り付けをしている最中に帰って来ちゃって。「あっ…」みたいな(笑)。あとは、私がサプライズをしようとしているのに気付いて尾行されたこともありました。

――先ほど「人狼ゲーム」が好きと仰いましたが、バイオレンス系の作品はお好きですか?

私、お化けが出てくるようなホラーは駄目なんです。見たら後ろに幽霊がいそうで、「うわ〜!」「やめてー!」ってなるんですけど、血は平気なんですよ。むしろ血がプシャーって噴き出すようなやつは大好きです(笑)。

今回の撮影でもこうやって血を飛ばすんだ!とか、こうやって刺しているんだ!って知ることができて、一人でへぇーってなりました。

――その他で何か印象的なシーンはありますか?

投票シーンですね。生きたいんだ!という、人間のリアルな部分がモロに出ていたので、どの投票回も印象に残っています。やっぱり、目の前で人が死ぬってすごいことですよね。

今までの「人狼シリーズ」って投票の後の殺すシーンで、「イヤー!イヤー!」って泣き叫ぶ女の子がいたと思うんですけど、今回はそういう子がいないんですよね。

そういうキャラクターの子がいないので、ほとんど女の子が泣き叫ぶ場面はなかったんですけど、ある男の子の首輪が締まって死んだシーンでは、みんな本気で「キャ〜!」ってなっていました。

リハーサルでは血のりを出さないので分からないんですけど、実際にプシューって出たらビックリしますよね。私もあのシーンは、本気でずり落ちているんですよ。ビックリして、リアルな反応をしてしまいました。

それに実際は映っていないですし、分からないと思うんですけど、ずっと涙が止まらなかったんです。全然自分にカメラが向いていないときに泣き過ぎて、いざ自分の方にカメラが回ったとき、涙が枯れちゃって出なくて、NGになってしまいましたが…(笑)。

――作品から離れて、世間では夏休みシーズンに入りますが、浅川さんがもし1週間お休みをもらえるとしたら何がしたいですか?

旅行に行きたいです! 旅行に行きたいね、って友達と言っている所がたくさんあるので。友達とはUSJや温泉に行きたいです。ママとは海外に行きたいねって言っていますし、できれば全部行きたいです! 

でも、海外はママなので最悪今度でいいかな(笑)。もしくは、1週間ひたすら引きこもって漫画を読むのもいいですね!(笑)

――インドアもアウトドアもどちらもOKなんですね。

そうですね。1日しかない休みだったらずっと寝ていることが多いです。でも、本当は休みがあまり好きじゃないので、ずっと仕事をしていたいです。

――おお、格好いい!(笑)

そうですよね!(ドヤ顔) うふふふ(笑)。

――最後に公開を楽しみにされている方にメッセージをお願いします!

歴代の「人狼ゲーム」を見ている方は、全く新しい「人狼ゲーム」を見る感覚が得られると思います。これまでとは真逆のルールなので、今までとは違った楽しみ方ができると思うので、一人一人の行動や言動にも注目して見ていただきたいなと思います。

「人狼ゲーム」シリーズは、1つ1つがつながっているわけではないので、初めて「人狼ゲーム」に触れる方も楽しめると思いますし、しっかりと目を見開いて見ていただきたいです。

これを見て、あらためて自分がこうして生きていられることに感謝しながら日々生活していただければいいなと思います。ぜひ、劇場に足を運んでご覧になってください!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)