まねきケチャ・中川美優、'17年1番テンションが上がった出来事は?

まねきケチャ・中川美優、'17年1番テンションが上がった出来事は?

まねきケチャが「この指と〜まれ!」に出演。メンバー4人のキャラが明らかになる!

まねきケチャが、7月14日(金)放送の「この指と〜まれ!」(フジテレビ)に出演。MCのHKT48・指原莉乃、土田晃之、「この指特命担当」担当のHKT48・矢吹奈子がメンバー4人のキャラに迫っていく。

スタジオに姿を見せたメンバーだが、例によってテンションは低め。冒頭の自己紹介で、松下玲緒菜の「属性は炎」という言葉に、指原は引っ掛かった様子。「炎感がないですよね!? 炎担当って言われた時、私は元気があるわけじゃないから嫌ですってならなかったの?」と質問すると、メンバーが「(松下が)一番元気なんですよ」と明かし、松下自身も「明るい!」と主張する。

一方、土田はメンバー内でもひときわテンションが低い中川美優に興味津々で、「身内に不幸か何かありました?」と喋り方にツッコんでいく。年末の特番では、その喋り方から「お化けが見えそうって言われる」と話していた中川。「あの日にフジテレビの方から『憑いてる』って言われて、お祓いに行きました」と振り返る。

さらに、まねきケチャのプロデューサーから「ステージに上がった途端、テンションが下がる」と指摘されると、「あんまり表に出たくない…」と本音が。宮内凛から「ステージ上でテンションが上がることは一生ないと思います。唯一、今年1番テンションが上がってたのが、2連休って聞いた時」と、メンバーから「プライベートがアクティブ」と暴露され、中川は「この間の2連休はライブを見に、広島に行った」と笑顔を見せる。

また、宮内は楽屋での様子を「この雰囲気で分かると思うんですけど、楽屋が日本中のアイドルの中で1番暗いと思います。部屋が広くても隅っこで、椅子があっても地ベタに座って、他のアイドルの方から『ヤバいね』って有名です」と告白。さらに、藤川千愛は「(メンバー同士の)仲はいいです。いい意味で気を遣ってなくて、家族みたいな」とアピールする。

ほか、この日の放送ではメンバーが「アイドル以外にやりたい仕事」や「メンバーへのクレーム」を伝えていく。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)