宮里藍最後の全米女子オープン!!

宮里藍最後の全米女子オープン!!

自身最後の全米女子オープンに臨む宮里藍選手

7月13日から16日(日)まで、アメリカ・ニュージャージー州で行われるLPGA女子ゴルフツアーの今季メジャー第3戦「全米女子オープン」が、WOWOWプライムにて連日生中継される。

第1回が開催されたのは1946年と最も長い歴史を持つメジャー大会で、賞金総額はツアー最高額の500万ドルとなっている。またことしの会場は、ドナルド・トランプ米大統領が所有する高級ゴルフクラブの1つである、トランプ・ナショナルGCということでも話題を呼んでいる。

樋口久子以来となる40年ぶりのメジャー制覇を目指す日本勢は、宮里藍選手、野村敏京選手、横峯さくら選手、宮里美香選手、渡邉彩香選手、鈴木愛選手、川岸史果選手、森田遥選手、葭葉ルミ選手ら総勢9人の選手が出場する。

その中で、今シーズン限りでの引退を表明している宮里藍選手にインタビューを行った。

ーー今回のコースの特徴は?

ティショットでプレッシャーを感じることはありませんけど、セカンドはピンポジションによってはすごくラインが難しいですし、外してはいけないところもあったりします。ボールを他の選手より止めにくい分、思い切って刻むのか、ラフからのプレーになるのか、そういう決断も求められる部分ではあるので、その辺はしっかりと自分のフィーリングに従ってプレーしたいと思います。

――全米女子プロゴルフ選手権後の練習は?

この一週間はすごくエネルギーを使うので、しっかり体を休めて休憩を優先的にやっていたのですが、ショットの調子も良かったですし、そんなに大きな修正点はなかったです。

――悲願のメジャー制覇のため、今の宮里選手には何が必要だと思いますか?

基本的に必要なものはそろっていると思うので、あとはしっかりとかみ合ってくれればいいなというのが一つ。あとは結構今週のコースに関しては例年よりはスコアが出ると思うので、そういう意味ではアグレッシブにいくところ、いかないところがあると思いますので、メリハリをつけてプレーしたいと思います。

――本大会の目標は?

もちろん優勝争いに絡みたいですし、1ホール1ホール、そのホールにあったマネジメントをしていきたいと思います。

――最後にあらためて意気込みをお願いします。

長い4日間になると思いますが、まずは初日をしっかりといい滑り出しをしたいなと思っています。最後の全米女子オープンですがど、選手としてしっかりと戦い抜きたい気持ちが強いので、応援よろしくお願い致します。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)