オリジナルドラマ版「銀魂」で振り切り過ぎた北乃きいに直撃インタビュー!

オリジナルドラマ版「銀魂」で振り切り過ぎた北乃きいに直撃インタビュー!

7月15日(土)より、映像配信サービス「dTV」にて配信されるオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」に出演する北乃きいにインタビュー

7月15日(土)より、映像配信サービス「dTV」にて配信されるオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」。同作は、7月14日(金)公開の映画「劇場版『銀魂』」同様に、主演に小栗旬を迎え、福田雄一監督がメガホンを取ったオリジナルドラマで、真選組・土方十四郎を柳楽優弥、沖田総悟を吉沢亮が演じている。

そして、沖田の自慢の姉・ミツバを北乃きいが演じており、今回、作品に懸ける思いや役作り、撮影裏話などを聞いた。

■ ミツバを演じる上で気を付けたこと

――脚本を読んだ率直な感想は?

ト書きの部分とか、どこまでCGでどこまで本当にやるのかに興味があって、すごく面白かったです。私がいままで、銀魂みたいなコメディータッチの作品に出演したことがなかったのですごくワクワクしましたね。

――原作は未読だそうですが、読んでみたいと思いましたか?

私は、演じる時は基本的にあまり原作とかを読まない、台本だけで入るタイプなんですけど、「銀魂」はファンの方の熱もすごいですし、長年愛されてる作品なので、アニメはちょっと拝見させていただきました。ミツバのビジュアルで見たのとは印象が違いましたね。キャラクター的にはゆっくりしゃべる感じなのかなって思っていたので、自分の中のしゃべり方の速さから相当テンポを落として、劇中は相当ゆっくりしゃべってます。

――北乃さんのミツバに違和感は感じませんでしたよ。

良かったです(笑)。原作があるとファンの方の中でいろいろなイメージが出来上がっているので、どうなのかなって心配でした。自分とそんなに似ている役じゃなかったので、スイッチを切り替えながら演じましたね。

――映画撮影後にドラマを撮っていたそうですが、出来上がっているチームの中に飛び込むのは?

ミツバの話だったからかもしれないですけど、あまり疎外感とかはなかったです。でも、冒頭のレストランのシーンで、店員さんが宇宙人で最初はびっくりしました。だけど、周りの誰もびっくりしていないから、そういう点ではみんなの中では普通なんだなって。でも、私は「(特殊メークとかが)すごいな」ってずっと宇宙人をずっと見てました(笑)。違う驚きがありました。

――福田監督から注文とかはありましたか?

レストランのシーンで、せき込んで倒れるシーンがあるんですけど、『結構いっちゃっていいから』って言われて、いままでの役者人生の中でやったことのない表情をしました。カットがかかると監督と小栗さんに「結構ヤバかったよ」って真剣に言われて、引かれてました(笑)。でも、そこまで引き出してくれるのが福田さんの演出だと思います。

■ 小栗旬ら共演者たちの意外な一面を目撃!?

――小栗、柳楽、吉沢と共演してみて?

撮影期間がすごく短くて全然お話しが出来ませんでした…私自身も役に集中するのに精一杯でした(笑)。こんなにコメディータッチなのに、本当に皆さん超とても真面目で、静かでしたね。でも、真面目に面白いことをするから面白いのかもしれませんね。

――意外と静かな撮影現場だったようですが、撮影裏話は?

パフェにデスソースをかけるシーンでは、「ほぼ1本かける勢いでいっていい」って言われたので、テーブルをベチャベチャにしながら演じました(笑)。中身はトマトソースらしいですけど、食べてみたいとは思わなかったですね…。ヘアスタイルはウイッグだったんですが、カラーがピンクっぽい栗色で普段しないような色なのでかわいかったです。衣装も、原作と全く同じ柄にするために全部手作りで、スタッフさんたちの熱意がすごかったですね。

――動画配信サービスは利用する?

よく利用させて頂いてます。テレビにつないで大きな画面で見ることもできるし、いつでもどこでも見られるのがいいですね! 作品リストを一覧で見ることが出来たりするので、自分が普段見ない作品を手に取りやすいっていうのもあると思います。

――どんなジャンルの作品を見る?

よく見るジャンルはスリラーとか多いです。あと、ドキュメンタリーも好きです。

――最後にファンの方やメッセージをお願いします。

「銀魂」といえばコメディータッチで、すごく笑いがありますが、その中でも切ないストーリーがたくさん詰まった「ミツバ篇」です。もちろん銀魂ならではのユーモアもたくさんつまったドラマになっているので、楽しんで見ていただきたいです。あと、いままでにない、ものすごく振り切った私も見られます!!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)