橋本マナミ「いい遺伝子を残したい」から「学者にキュンとくる」

橋本マナミ「いい遺伝子を残したい」から「学者にキュンとくる」

橋本マナミ

7月13日放送の「橋本マナミのヨルサンポII」(BSフジ)で、橋本マナミが“グッとくる男性の職業”について本音を語った。

アラサー女子4名による女子会トークという設定で、「一番キュンとくる男性の肩書き」という話題に。

ほかのメンバーから芸術家やサラリーマンなどの意見が出る中、橋本が選んだ肩書きは“学者”。

「学者にすごい私はキュンキュンくるの」と橋本は本音を告白するが、「でも全然いないから周りに」というのが悩み。

「東大とかに潜り込めばいいのかな…」とモヤモヤした気持ちも抱えている様子。

メンバーの1人は「大学で研究に打ち込んでいる労力に比べると給料はよくないという話も聞く」と補足する。

すると橋本は「でも能力はあるから」「私はいい遺伝子を残したいの」と、学者に惹かれる理由を説明。

「スポーツ選手っていうよりかは頭がいい人が好き」とも付け加える。

次回の「橋本マナミのヨルサンポII」は7月20日(木)放送予定。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)