大阪で「銀魂-ミツバ篇-」イベント開催! ドSの沖田役・吉沢亮と姉役の北乃きいの相性はピッタリ!?

大阪で「銀魂-ミツバ篇-」イベント開催! ドSの沖田役・吉沢亮と姉役の北乃きいの相性はピッタリ!?

7月13日、大阪・阪急うめだホールにてdTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」のプレミアム先行試写会が開催された

7月15日から、映像配信サービ「dTV」がオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」を独占配信。そんな中、7月13日、大阪・阪急うめだホールにて「銀魂-ミツバ篇-」のプレミアム先行試写会が開催され、吉沢亮と北乃きいが登場した。

同作は、公開中の「劇場版実写映画『銀魂』」と同じキャスト、スタッフで映像化したdTVオリジナルドラマ。今回の物語は、原作ファンの中でも人気の高いエピソードで、真選組・沖田総悟を吉沢、ミツバを北乃がそれぞれ演じる。

そして、同イベントでは、撮影中の裏話や“仲の良い弟と姉”という役柄にちなんで、二人の相性診断テストなどを行い、その様子をLINE LIVEで生中継した。

普段はドSだが、姉・ミツバの前では良い子になってしまう沖田、弟を溺愛しているミツバという仲の良い姉弟を演じる二人が、役どころについて語った。

吉沢は「超ドSで淡々と毒を吐く腹黒い役でした。でも、姉が大好きで、大好きでたまらないという仮面の裏に隠れている不器用な部分や、真選組を思う気持ちがdTVの『ミツバ篇』には、ギュッと入っていると思います」と答え、北乃は「おしとやかで病弱ですが、心(しん)がぶれない女性だと思います。声のトーンを高くしたり、テンポを遅くして、アニメと似せるよう努力しました」と語った。

撮影現場の様子を聞かれると、吉沢は「北乃さんとは一日しか被らなかったんです」と語り、北乃は「取材やキャンペーンでは一日一緒だったりして、変な感じでした(笑)。お互い人見知りなので、イベントや取材で仲が縮まって良かったです(笑)」と笑う。

そんな中、主演を務める小栗旬をはじめ、真選組の一員である柳楽優弥、中村勘九郎からのコメントVTRが写し出されると、北乃は「中村さんと同じシーンがなかったので、このコメント映像が初めましてでした(笑)」と明かした。

続いて、柳楽との殺陣シーンについて質問が及ぶと、吉沢は「剣闘シーンの練習中に、稽古用の木刀で思いっきり柳楽さんの頭を叩いてしまって、僕が死ぬかと思いました(笑)。優しい方だったので許していただきましたが、本当に気をつけてやりました。劇場版ではひたすらバズーカを撃っているだけだったので、dTVの『ミツバ篇』では沖田の殺陣のシーンができてとても良かったです」と語る。

一方、からいものが大好きなミツバを演じる北乃は、喫茶店でのコミカルなシーンについて「咳き込むところは、芸能界14年やってきて、やったことがないような初めての顔をしました。ファンとかいなくなってもいいやと思うくらい振り切ってやりました(笑)」とアピールした。

そして、二人の役柄にちなんで、実際の二人は相性がいいのか「クイズ!ピッタリ当てまSHOW!」というクイズコーナーを行った。5つの究極の質問に対して、二人がそれぞれ自分に当てはまる方の番号札を上げるというルールの下、二人の回答は何と5問中4問が同じと相性の良さを見せた。

最後に、作品について吉沢は「ユニークなシーンもありつつ、人間臭い部分もあり感動できると思いますので最後まで見ていただきたいです。映画を見て、dTVを見て、一緒に銀魂を盛り上げていただきたいと思います」と語る。

北乃は「肩の力を抜いて見られる作品なのであっという間に時間が過ぎてしまうと思います。笑う要素もあり、泣くシーンもあり、盛りだくさんな内容になっています。小道具や衣装など、細かいところまで再現していて、プロの集団で作り上げた作品なので、皆さんにも満足していただけると思います。多くの方に広めていただきたいです」とアピールした。

また、7月14日より福田雄一監督、小栗、柳楽、吉沢によるトークが見られる特別番組が配信中。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)