ANZEN漫才・みやぞん、相方との“出会い”は0歳の時?

ANZEN漫才・みやぞん、相方との“出会い”は0歳の時?

みやぞんの人生が“すごろく”にされる

AbemaTV内「AbemaSPECIAL2チャンネル」にて、7月23日(日)夜9時より「リアル人生すごろく」が放送される。

同番組は「人の一生をゲームにして遊ぶ、秘密の地下遊技場」を舞台に、実在の人物のリアルな壮絶人生をすごろくにし、一獲千金を夢見る挑戦者たちが「他人の人生を追体験」するバラエティー。

支配人(MC)は、ロンドンブーツ1号2号・田村淳。“人生をすごろくにされる”のは、2017年大ブレークを果たしたANZEN漫才・みやぞん、そしてスノーボード世界ランキング1位&トリノオリンピック日本代表でありながらその後、2度の結婚と離婚、キャバクラ嬢から生活保護、セクシー女優転身まで経験した“人生がジェットコースター女”今井メロの2人だ。

また彼らの人生をすごろく体験する「金に汚い」者たちとして、タレントのアレクサンダー、モデルの池田美優(みちょぱ)、ドランクドラゴン・鈴木拓、元K-1ファイターの武蔵が登場し、プレーを繰り広げていく。

ルールはサイコロを振り、出た目の数だけ進み、止まったパネルの年齢時にあった出来事が、その人の人生にとってプラスかマイナスか、架空通過の“Abemaコイン”を懸けて戦う。

みやぞんの人生では、0歳の時に既に今の相方であるあらぽんと出会っていたり、20歳のときに初めてのテレビ出演が“月9”だったり、過去のエピソードが次々と明らかになる。

また今井の人生では、12歳で初めて最年少プロスノーボーダーに認定されたことや、20歳で家賃3桁の高層マンションに住んだこと、22歳で結婚・出産・離婚を経験していたことなど、衝撃的な過去が明らかに。

彼らの人生に振り回されたプレーヤーたちの中から、果たして誰が勝利をつかむのか…。今まで明かされていないみやぞんや今井の壮絶な人生とは?

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)