“ダメ男”瑛太が佐藤江梨子のためにリングに立つ!?

“ダメ男”瑛太が佐藤江梨子のためにリングに立つ!?

映画「リングサイド・ストーリー」ポスタービジュアル

佐藤江梨子と瑛太がダブル主演を務める映画「リングサイド・ストーリー」が、10月14日(土)から新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国で公開されることが決定した。

同作品は、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした大ヒット映画「百円の恋」(2014年)のスタッフが再集結し、盟友・足立紳の実話をヒントに生み出されたオリジナルストーリーをひっさげた、武正晴監督のファイト・ラブコメディー。

主演の二人の他、武藤敬司、武尊、黒潮“イケメン”二郎など、プロレスやK-1界のトップアスリートたちの演技にも注目だ。

また、主題歌にフラワーカンパニーズの「消えぞこない」を起用。エンディングは「唇」、挿入歌には「キャンバス」と、エンディング、挿入歌ともに、フラワーカンパニーズの楽曲が使用される。

さらに、ポスタービジュアルが解禁。売れない役者の“ダメ男”を見限らずに健気に支える彼女を演じた、4年ぶりの主演となる佐藤のまっすぐな瞳が印象的だ。また、リングに上がるため2カ月以上ジムに通い、断酒、肉はささみのみを食べるなど、食事コントロールをしながら体をしぼった瑛太のボディーにも注目!

■ ストーリー

10年付き合い、一緒に暮らす江ノ島カナコ(佐藤)の彼は、ひも(?)同然の売れない役者・村上ヒデオ(瑛太)。出会った頃に舞台袖で見たヒデオは輝いており、7年前に大河ドラマに出た時はカンヌ映画祭に連れていってくれると信じていた。

最近はオーディションに落ち続け、マネージャー百木(近藤芳正)が決めた“エロVシネ”の大役さえ、撮影当日にドタキャンする始末。ある日、カナコは勤め先の弁当工場から突然解雇され生活がピンチに。プロレス好きだったヒデオは、武藤率いるプロレス団体「WRESTLE-1」の広報が人員募集している事を知り、彼女の職探しをアシストする。

しかし、新天地で生き生きと働き、自分を構わないカナコを、浮気していると勘違いして嫉妬に狂ったヒデオは、とんでもない事件を起こしてしまう。事件のケリをつけるため、K-1チャンピオン・和希(武尊)との一騎討ちを命じられたヒデオ。果たして、愛するカナコのために、ヒデオはリングに上がるのか──。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)