岡田准一、“伊賀の忍び”有村架純に「俺、斬られたんですよ」

岡田准一、“伊賀の忍び”有村架純に「俺、斬られたんですよ」

映画「関ヶ原」で伊賀の忍びを演じる有村架純

岡田准一が、8月26日(土)に全国公開される主演映画「関ヶ原」の完成披露試写会に、共演の有村架純、平岳大、東出昌大、伊藤歩、滝藤賢一、西岡徳馬、役所広司、原田眞人監督らと共に登壇した。

岡田は「誰も挑戦し得なかった聖域とされた原作を映画として完成することができてうれしい。大好きで尊敬できるキャスト・スタッフと一緒に仕事をすることができて光栄でした」と万感の思いを込めてあいさつ。

主人公・石田三成を演じ切った岡田は「三成の評価が今後変わっていけばいいと、彼のお墓に行って三成が喜んでくれるような役を演じると誓ったので、この映画をきっかけに三成のイメージが良くなれば」と役柄に込めた思いを吐露した。

それに、三成最大の宿敵・徳川家康役の役所も「岡田君が汗水たらして動き出し、新しい三成像を作り上げた」と手放しで絶賛。岡田にとって本作は初の原田監督作品となるが「とにかく出演したくて、原田監督作品に出演できたことに涙が出る」と念願がかなった心境を明かした。

一方、伊賀の忍び・初芽役で時代劇初挑戦の有村は「スケールが大きくて、合戦が始まってからの6時間の戦いは圧巻」とアピール。小早川秀秋役で、原作ファンの東出も「原作ファンとして納得の出来。2回は見たい」とべた褒め。

加えて岡田の印象について「夜の撮影が終わって岡田さんに『帰ったら何をするんですか?』と聞いたら『夜の12時くらいだからトレーニングかな』と言われて、鉄人だと思った」と岡田のストイックぶりを明かす。

役所も「前の作品のときは夜中に木刀を持って一人で走っていたよ」と密告すると、岡田は「そのときに役所さんを誘ったら優しく断られた」と仲むつまじげな様子で笑わせた。

さらに、有村はアクションシーンについて「アクションシーンならではのハプニングがあって、岡田さんのおでこに短刀を当ててしまいました。冷や汗が止まらなかった」とざんげすると、岡田は「俺、斬られたんですよ。まさかのそういう動きをする? というか、タイミングがずれて僕が架純さんに斬られました。斬られたけどごまかしながら芝居を続けました」と有村との撮影秘話を明かした。

また、岡田は本作で伊賀の忍・赤耳を演じる、7月6日に急逝した俳優の中嶋しゅうさんへの思いを語る場面も。

岡田は「物すごく格好いい方で、憧れの俳優さん。現場でいつも笑顔でお話しさせてもらって、黒澤明監督の『影武者』の話をしてくれたのを思い出すし、映画に対するこだわりがあって、“いい監督にこだわりたい”という気持ちもあり、原田監督について“絶品”と笑顔でおっしゃられていたのを覚えています」と沈痛の面持ちで語る。

続けて「完成作品を見る前に亡くなられてしまったと聞きましたが、この映画が大ヒットして中嶋しゅうさんに届けばいいなと思っています」と誓った。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)