安住紳一郎アナ&松たか子が“健康”“長寿”の新常識に迫る!

安住紳一郎アナ&松たか子が“健康”“長寿”の新常識に迫る!

8月14日(月)放送のサイエンス特番「生命38億年スペシャル 人間とは何だ…!?」(TBS系)で、最先端の生命科学を使い“健康”と“長寿”の新常識に迫る!

8月14日(月)夜8時から「生命38億年スペシャル 人間とは何だ…!?」が、TBS系で放送されることが決定。司会は安住紳一郎アナ、松たか子が務める。

TBSでは、「遺伝子」「脳科学」などをテーマに、“生命”における最先端科学をひもといていくサイエンススペシャル番組を1997年から今までに10作放送。

昨年はTBSテレビ60周年特別企画として「人はなぜモメるのか?」をテーマに、人々の間に発生するモメごとをさまざまな角度から取材し、人間の本質に迫った。

今回は、老若男女、いつの時代も多くの人たちが関心を抱いている“健康”と“長寿”をテーマに掘り下げていく。

最新科学、健康に役立つ6つのキーワード「長寿」「太陽光」「肥満」「脳と心臓」「がん」「免疫力」を軸に、最先端の生命科学を取材。

細胞、遺伝子、腸内細菌など、生命科学の研究が革命的に進み、新たな発見が相次いでいる現在。疫学データ解析が進み、「○○○をすれば健康に! 長寿に!」という常識が日ごと目まぐるしく変化している時代に得た知識は“常識”なのか? それとも“非常識”なのか? 私たちにとって何が“不要”で何が“必要”なのか?に迫っていく。

自分の体のことだが、いまだ自分たち人間について知らないこと、理解できないことがたくさんある。安住アナ、松が最先端科学をけん引する教授陣と共に、“健康”“長寿”の新常識を分かりやすく展開していく。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)