松本潤×有村架純「ナラタージュ」“複雑な感情”を表す新場面カット公開!

松本潤×有村架純「ナラタージュ」“複雑な感情”を表す新場面カット公開!

「ナラタージュ」でヒロイン・泉を演じる有村架純

東宝=アスミック・エースの共同配給にて、2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本理生原作の恋愛小説「ナラタージュ」が、松本潤主演、ヒロインに有村架純、行定勲監督のメガホンで映画化。10月7日(土)に全国公開される本作の場面写真が5点新たに解禁された。

本作は、第25回野間文芸新人賞を最年少で受賞した島本が20歳の若さで執筆した、狂おしいほど純粋に禁断の恋に落ちる2人を描いた恋愛小説。

高校教師と生徒として出会った2人が、時がたち再会した後、決して許されないけれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちるというストーリーで、まばゆいばかりの2人の思いが放つ光と、思い合うほどに濃くなる純愛の陰影を、同時に紡ぎ出す。

主人公・葉山貴司を松本が、葉山を全身全霊で愛する工藤泉役を有村、そして泉に思いを寄せ、一度は恋人になるも、葉山を忘れられない泉への恋心と嫉妬に揺れる大学生・小野玲二役を坂口健太郎が務める。

さらに、大人になった泉の同僚となる宮沢役を瀬戸康史が、葉山の妻・美雪役を市川実日子が務め、脇を固める。

今回解禁となった場面写真は、泉(有村)が雨に打たれながら空を仰ぐ姿や傘を差して険しい顔で葉山(松本)を見詰める姿、真剣に大学の授業を受ける姿に加え、泉と小野(坂口)のツーショット写真も。

公園で見詰め合う幸せそうな2人の姿や恋心と嫉妬にもだえる小野が無心で泉を抱き締めるカットが公開され、場面写真からでもそれぞれの複雑な感情が伝わってくる。忘れられない恋を胸に秘める全ての人を揺さぶる、究極の恋愛映画に注目が集まる。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)