新木優子が写真集を発売!「自然な自分らしさが見ることができる1冊」

新木優子が写真集を発売!「自然な自分らしさが見ることができる1冊」

新木優子が7月18日に発売された自身初の1st写真集「ガールフレンド」への思い入れや女優としての目標を明かす!

7月22日(土)、自身初となる1st写真集「ガールフレンド」を発売した新木優子が、東京・HMV BOOKS&TOKYOにて発売記念イベントに出席。ファン1000人が集まった握手会の前に囲み取材が行われ、写真集のこだわりや女優としての今後の目標などを語った。

新木は「写真集を出すのは初めてなので、撮影の時からワクワクドキドキしながら、たくさん話し合って作った作品なので、これから皆さんに届けるのが楽しみな気持ちです」と告白。

「モデルのお仕事も女優のお仕事もやらせていただいていますが、結果として一番、自然な自分らしさが見ることができる1冊になったと思います」としみじみ語った。そして、その仕上がりを「120点です! すごく大満足の出来上がりです」と自信を見せた。

また、「3月に撮影に行ったのですが、海辺の撮影で海に入った時に海水がものすごーーく冷たかったことが印象に残ってます」と振り返り、「バルセロナのすてきなグエル公園(アントニ・ガウディの作品群の一つ)という公園で真っ赤な衣装を着て撮った写真です。衣装も印象に残りますしグエル公園の空気感や景色がすてきだったのでその空気感が写真に出ているかなと思ったのでお気に入りです」と語った。

さらに、「写真集の場合は好きな場所のバルセロナに行ったこともそうですし、好きなご飯を食べたり自分らしく自然体でいることが写真に出ることで(写真集が)すてきな作品になるんじゃないかなと思いましたので、自分らしさというのを意識しました」と思い入れを明かした。

最近では、ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(フジテレビ系)や「100万円の女たち」(テレビ東京系)に続き、現在放送中の“月9“ドラマ「コードブルー 〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)にも出演し、女優として活躍の場を広げている新木。

写真集とドラマを撮影する時の違いを聞かれ「女優の時は役に寄り添っていくので、自分というよりも(演じるべき)役柄、キャラクターにいかに近づけるかというのを意識しています」とコメント。

さらに、「自分の演技を最近やっと客観的に見られるようになってきたので、自分の演技に自分が納得できる女優さんになりたいと思っています」と女優としての今後の目標を語った。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)