“アンパンマン世代”のキャイ〜ン「草の根運動を続けてきて良かった」

“アンパンマン世代”のキャイ〜ン「草の根運動を続けてきて良かった」

映画「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」の声優に挑戦したキャイ〜ン・ウド鈴木、天野ひろゆき(左から)

劇場版第29作「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」が全国で好評公開中。宝探し一族に生まれた、ちょっと弱虫なライオンの男の子・ブルブルが、父親から渡された地図を頼りに宝探しをする冒険の旅が描かれる。

ブルブルの旅を手伝うアンパンマンたちの活躍も見もの。ブルブル役の多部未華子と一緒に、キャイ〜ンの天野ひろゆき、ウド鈴木も声優として本作に参加。それぞれの役どころやアフレコの楽しいエピソード、夏休みの思い出などを語った。 

――「アンパンマン」の劇場版シリーズに出演することが決まった時の感想は?

天野:ずっと、「アンパンマン」の声の仕事をやるにはいい時期じゃないかと、関係者の方たちにアピールしていたんです。子供も生まれたし、うってつけじゃないかと。ただ、自分だけ売り込んでいたはずなのに、なぜかウドちゃんまで出ることに(笑)。それはともかく、草の根運動を続けてきて良かったなと思っています。

ウド:天野くんのところに来た仕事は、僕も全部出たいと思っているんです。そういう意味では「アンパンマン」の関係者の皆さんは懐が深い。やっぱり、僕もアンパンマンさんに憧れてこの世界に入りましたので…。夢がかないました。

天野:世代が違うだろ!(笑)

ウド:アンパンマンさんがいなかったら、今の自分はないと言っても過言ではないです!

天野:全然、関係ないと思うよ。

ウド:「アンパンマン」のアニメが放送された年に、僕も芸人の“ウド鈴木”になったので、アンパンマンさんとは同期ですね。

天野:じゃあ、俺らは「アンパンマン世代」ってこと?

ウド:そう、あの「アンパンマン」世代。

天野:「あの」って、何?(笑)

――(笑)。それぞれの役柄は?

天野:僕は、多部(未華子)さんが声を担当しているライオンの男の子・ブルブルのお父さん。監督からは、厳しさの中にどこか子供を思う愛情が入っていてくれればいいと言われて、そのつもりで本番に臨みました。

ウド:僕は“いいかげんに城”という役です。城の経験がなかったから難しかったですね。

天野:当たり前だよ!

ウド:いつもは、天野くんから「いいかげんにしろ!」って言われる方なので。

天野:ボケ担当の人はそうだよね。

ウド:まさか、自分が言う立場になるとは思っていなかったですけど、いつか城をやってみたいなという夢はありましたね。 

天野:なかなかチャンスはないけどね(笑)。

ウド:何かを守ることによって人間は強くなるということを子供たちに発信したかったので、広がりのあるお芝居を心掛けました。

天野:広がり過ぎて、マイクが2本にわたっちゃったんですよ。現場では「マイクから離れ過ぎです」って注意されていました(笑)。

――それだけ、のびのびと演技ができたということなんですね。

天野:実はウドちゃんのOKテークが出た後、こういう感じでアフレコをやっていますといった動画を撮ったんです。その時のウドちゃんはものすごくリラックスしていて「いいかげんにしろ〜っ!」っていう演技が本番以上に良かったんです。監督からも「そっちの方がいいですね」という言葉をいただいて、結局それが採用されました(笑)。 

ウド:城は堅いというイメージがあったので、ちょっと演技が固かったかもしれません。やっぱり、デキる監督ですよね。力を引き出されました(笑)。

天野:単純に、おまえが本番に弱いだけだろ!(笑)

――多部さんが演じたブルブルの印象は?

天野:とにかく多部さんの声がかわいくて。僕がお父さんだったら、旅に行かせたくない。とても魅力的なキャラクターだなと思いました。

ウド:こちらがブルブル震えちゃうような清廉潔白さと言いますか、多部さんにぴったりの役。僕には絶対できませんね。

天野:やりたかったのかよ(笑)。

――今、子供たちは夏休みを満喫していると思いますが、お二人の夏休みの思い出は?

天野:僕は愛知県の岡崎市出身なので、やっぱり花火大会ですかね。彼女ができたら一緒に行くというのが一つのステータスでした。もちろん、友達同士でも行きましたよ。その花火のベストポジションに家があるやつがいて、花火大会の前後だけそいつと仲良くしていました(笑)。

ウド:その人も、何となく分かってたんだろうね。

天野:「また、花火か?」って(笑)。急にアイスをおごったりして、そういう草の根運動をやっていました。

――その頃から根回しが得意だったんですね(笑)。

天野:確かにそうですね(笑)。

ウド:僕はカブトムシをよく捕りました。友達の家の裏山に腐葉土があって、ある時たくさんカブトムシが出てきたから「うわ〜っ!」て驚きながらも一網打尽で100匹ぐらい捕っちゃったんです。そうしたら、翌年から一匹も出なくなっちゃって(笑)。

やっぱり、捕り過ぎちゃったかなと。その時に、生態系を壊すような捕り方は良くないということ、物事には加減が必要だということを学びましたね。

――非常にベタな質問で恐縮ですが「アンパンマン」にちなんで、好きなパンを…。

天野:キャラクターじゃなくて、食べる方のパンということですね?(笑) いっぱいありますけど、コーンマヨネーズみたいな惣菜パンが好きです。

ウド:あれは、ウマいよね。

天野:パンとコーンとマヨネーズを合わせるだけで、こんなにウマいのかと。

ウド:あれは、小倉マーガリンは?

天野:あ、小倉マーガリンは名古屋ね。名古屋は、あんことマーガリンを合わせたんですよ。僕は甘いものがそんなに得意じゃないんですけど、名古屋発祥の味ですね。ジャムマーガリンもそう。家でパンを食べる時、家族はバターにジャムを合わせていました。

塩気に甘い味という組み合わせが好きだったみたい。僕は、バターのみでしたけど(笑)。惣菜パンでいうと、焼きそばパンも好き。“炭水化物・オン・炭水化物”は最高ですよね。

ウド:僕は牛乳パンが好きですね。今でも見つけるとウキウキしちゃう。形は長方形で、中にクリームが挟んであって、あのクリームに牛乳の成分は入ってるんですかねぇ。

天野:使っているんじゃない?

ウド:あとは、粒あんのあんぱん。牛乳と一緒に食べると最高ですね。

天野:それ、張り込み中の刑事だよ(笑)。

ウド:僕らが子供の頃にはなかったんですけど、給食に出てくる揚げパンも好き。

天野:きなこがまぶしてあるコッペパンみたいなやつね。

ウド:もっと早く出合いたかったですよね(笑)。

――では、最後に映画の見どころをお願いします。

天野:アンパンマンはもちろんなんですけど、カレーパンマンが格好いい。ブルブルにいろいろなことを教える時の距離感がベタベタしていなくていいんです。子供たちには一歩踏み出す勇気の大切さを感じてほしいですね。

ウド:成長したいと思う気持ちが子供たちに芽生えてくれたらいいですね。僕は全く成長していないので、次世代に期待しています。

天野:おまえは誰だよ!(笑)

取材・文=月山武桜

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)