【僕やり連載】窪田正孝“僕やりチーム”の結束を語る「食事会で誰も途中で帰らないんです」

【僕やり連載】窪田正孝“僕やりチーム”の結束を語る「食事会で誰も途中で帰らないんです」

チームワーク抜群の窪田正孝、間宮祥太朗、葉山奨之、今野浩喜

“旬”な若手キャストが勢ぞろいすることでも話題の「僕たちがやりました」(カンテレ制作、フジ系)。「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されていた同名漫画をドラマ化。“そこそこ”の日常を大切にしてきた若者4人が、あるいたずらきっかけに爆破事件の容疑者となってしまう青春逃亡サスペンスだ。

“僕やり”連載2回目は、事件の首謀者であるトビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)を迎え、ワイワイ座談会を開催!!

窪田&間宮&葉山&今野「よろしくお願いしまーす!」

撮影が始まって、1カ月ぐらい経ったところですが。(取材は6月下旬)

間宮「そうですね」

葉山「ちょうど1カ月ぐらいじゃないですか」

――ここまでトビオ、伊佐美、マルは制服がメインでしたが、パイセンだけがお洒落になっていました。

今野「え? え? 何がですか?」

事件を起こしたとき、高級なスーツを着込んでいましたよね?

今野「ああ。でも、あの撮影ではカッコ良さより涼しさが欲しかったです」

窪田&間宮&葉山「それは言える(笑)」

葉山「いやー、屋外の撮影はホントに暑いですよ」

今野「今日の予報は23度だったのになあ」

間宮「えー! 完全に外れているじゃないですか」

今野「まあ、スーツの生地が凄く薄かったから見た目より暑くはなかったんだけど」

――普段はタンクトップに短パンですよね?

今野「でも、タンクトップはドルガバ(ドルチェ&ガッバーナ)です」

間宮「これ見よがしに肩口にタグが付いているんですよね(笑)」

■ 何かしていないと落ち着かない、四男坊のマル

――4人が揃った時は、誰が率先して話題をふるんですか?

間宮「まあ、ひとりしかいないでしょ」

今野「あー、うん、そうだろうねえ」

窪田「率先してというより、ひとりだけでしゃべっているというか。この4人には四男坊がいるんですよ」

――長男は誰ですか?

窪田「長男も次男も三男もいないんですけど、四男だけいるんです」

葉山「アハハハハ」

今野「末っ子だね!」

窪田「斬り込み隊長というか。休憩中も芝居をしているときも」

葉山「そう……、ですね(笑)」

今野「基本はみんなじっとしているんだけどなあ」

間宮「でも、奨之と(新田)真剣佑はじっとしてないよね!(笑)」

窪田「そうなんだ(笑)」

葉山「確かに、それはあるかもしれないです」

葉山「そうですね。マルはそういうキャラじゃないですか。何かしていないと落ち着かないというか。僕自身もそうですけど」

今野「何かしていないと落ち着けないって、それ落ち着いてないから(笑)」

葉山「まあ、いいじゃないッスか(笑)」

■ 休憩中は体力温存!!

今野「僕は出来るだけじっとしてる。だって、実年齢の半分ぐらいの役なんだから。相当、体力温存しないと喉が保たんよ(笑)」

葉山「確かに。パイセンは楽なシーンがないですね」

今野「常々、声を張っている感じがするんだよなあ」

――その点、伊佐美はそれほど弾けていない感じですが。

間宮「そう見られがちなんですけど、普通にしているだけです」

葉山「マルはそもそものテンションがほかよりも高いんですよね」

――4人で話すことはないんですか?

間宮「話してるけど、内容がないんですよね」

窪田「屋外で暑い日は一言も口を聞かないし」

葉山「でも、何か話していますよね。何でしたっけ?」

今野「流行りのギャグって何かね?とか」

葉山「ああ、そうでした」

窪田「思い出せないなあ」

間宮「奨之は“そういえば、太陽って遠いッスよねえ”って言ってたよな」

今野「意味がわからない。何だか日本からブラジルぐらいのニュアンスで“結構、遠いッスよねえ”とか言ってるし」

窪田「2時間半ぐらいで行けるのかなあとか」

葉山「行けるとしたら、行きますか?って聞いたら、行かないねと言われました」

今野「結構、暑いからね(笑)」

間宮「その前に死んじゃうよ!」

窪田「そういうどうでもいいことも話すけど、やっぱりみんな大人だから、すぐ撮影のために体力温存が始まって」

今野「アハハハ」

間宮「それはある」

窪田「カメラの前では朝から全開で笑ってないといけないから。カットがかかったら、次の撮影まで――テンションを上げるなんて考えないよね。そういう意味では、それぞれ本番に合わせた過ごし方をしてるのかな」

今野「日傘を差していると、みんなの顔が見えないというのもあるけど。各々、個室に入っている感じがあるからね」

■ 誰も途中で帰らない大盛り上がりの食事会

――みんなで食事に出かける時間はないんですか?

窪田「この間、やっとみんなでご飯に行ったよね。4人と水川(あさみ)さん、翔ちゃん(三浦翔平)、それにスタッフさんと。誰も帰らずに、朝まで飲んでた。4人のうち、今野さんと僕は飲めないんですけどね」

葉山「だから、最初は僕らも気を遣っていたんですよ」

窪田「でも、しらふの方がずっとそういう場にはいられるんだよ」

今野「ずっといられる。眠くなる訳でもないし、かえって眠れない」

葉山「でも、パイセンの誘いにはびっくりしましたよ」

窪田「車で来ていたじゃないですか。翌日が撮休だったから“これから熱海に行く?”って言い出して」

間宮「本物のパイセンだ!」

窪田「とりあえず1次会のお店を出て、帰る人と2次会に行く人で別れましょうと歩き出したんだけど、振り返ったら誰も帰ってなくて。このチームは帰らないんだなという発見になりました」

今野「だから、次はちゃんと閉店時間があるお店に行きたいですね」

窪田「次はちゃんと仕切ったほうがいいと思います」

今野「三浦くんなんか、“1杯だけ”と言いながらずっといたから(笑)」

間宮「アハハハ」

今野「2次会も“1杯だけ”と言いながら、ずっといて」

間宮「3次会まで行くとは思わなかった」

今野「本当の打ち上げをやっていたような感じだったなあ」

葉山「インして1カ月でそんなことをやるなんて、残り何カ月あるんですか」

窪田「だから、この1カ月で僕らは10話分ぐらいの力を出してるってことじゃない」

葉山「確かに、テンション的にはそうですね(笑)」

■ 窪田正孝が“買いました”!!

最近、買ったもの?……、パンツぐらいかなあ。下着を新しくしようと思って。それで大丈夫ですか?(笑)

■ 間宮祥太朗が“買いました”!!

撮影の合間にパイセンが任天堂switchをやっているのを見て、僕も買いました。現場に持ってくると一緒に遊べるからです。今はひとりでゼルダ、パイセンと奨之と3人でマリカーを遊んでいます。窪田君は出ずっぱりだから遊ぶ時間がないんですよね(笑)。

■ 葉山奨之が“買いました”!!

パイセンの家にあったクッションを買いましたね。人をダメにするクッションなんですけど、座った瞬間にほしくなってその日のうちに買いました。本当に座った瞬間、人間のクズになります。だから、部屋に戻った僕はダメ人間です(笑)。

■ 今野浩喜が“買いました”!!

発売されたときからほしかった車を2カ月ぐらい前に買いました。ただ、分割で買おうと思っていたんですけど、いろんな事情で一括になってしまって。今は恐ろしいほどの金欠です(笑)。しかも、撮影で移動のガソリン代、高速料金もかかるからロケ貧乏の日々です。

■ 7月25日(火)放送の第2話は…

矢波高での大爆発を目の当たりにしたトビオ(窪田正孝)らは、想定外の事態に「テロが起きた」と自分たちに言い聞かせる。その後、刑事の飯室(三浦翔平)も捜査を開始。そんな中、パイセン(今野浩喜)はトビオらを集め、大金を渡すかわりに他言しないよう提案する。

取材・文=あらいかわこうじ

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)