大鶴義丹、“北海道・美瑛”で初の田舎暮らしに挑戦!!

大鶴義丹、“北海道・美瑛”で初の田舎暮らしに挑戦!!

大鶴義丹が“北海道・美瑛”で初の田舎暮らしに挑戦!!

7月30日(日)放送の「イチから住〜前略、移住しました〜」(毎週日曜夜6:30-6:57テレビ朝日系)で、大鶴義丹が北海道・美瑛で初の田舎暮らしに挑戦する。

同番組は、地方の街に“リアル移住”した芸能人の田舎暮らし体験に密着し、“人がそこに住む理由”を伝えるドキュメントバラエティー。

劇作家の唐十郎を父に、舞台女優の李麗仙を母に持つ大鶴は、大学在籍中の1990年に「スプラッシュ」で第14回すばる文学賞に輝いて小説家デビュー。これまでに10冊以上の著書を執筆した他、1995年には「となりのボブ・マーリィ」にて映画監督デビュー(初脚本・初監督作品)を果たした。

昨今ではドラマ、舞台、情報番組、バラエティー、ドキュメンタリーと数多く出演する大鶴だが、実は芸能界きってのメカ通でもあり、二輪に関しては自身の手で改造やメンテナンスを手掛けることでも有名だ。

そんな大鶴が移住する北海道・美瑛は、北海道内第2の都市・旭川市と富良野市の間に位置する町。札幌、旭川など大きな都市にも近く交通の便が良いことから、移住地としても人気スポットだ。

70%を山林、15%を農地が占め、農業と観光が基幹産業であり、最大の特徴はなだらかな波状丘陵地帯と、緑豊かな自然環境。北海道らしい雄大な景観を楽しむことができる。

旭川空港から富良野バス“ラベンダー号”に乗って美瑛にやって来た大鶴は、北海道には何度も訪れているが、美瑛は初めてとのこと。まずは美瑛の新名物“美瑛焼きカレーうどん”で腹ごしらえをすることに。

19歳でデビューして以来、一度もアルバイトをしたことがないという大鶴は「美瑛では農業のアルバイトもあると聞いたので、ぜひやってみたいですね。体力には多少自信があります!」と語る。

釣りやモータースポーツ、ダイビング、料理など多彩な趣味を持ち「今回の移住は、自分で自分を実験してみようと決断しました! 僕の移住体験を通して、同世代の皆さんに『50歳を過ぎたら、もう大人はやめて子どもになろう!』というメッセージを送ることができたら…」と、アピールした。

■ 大鶴義丹コメント

――移住を決意した心境は?

元々、オートバイや釣りが好きなのでここ1年ほど、東京近郊の田舎で遊びの拠点となるセカンドハウスを探していました。そんな時に偶然このお話をいただき、自分で自分を実験してみようと決断しました!

田舎暮らしは楽しいこともたくさんあると思うのですが、大変なこと、つらいこともリアルに理解しておくことは決して無駄にならないとも思いました。 

――移住に当たって、ご家族の反応は?

元々勝手に生きてきたタイプなので、大学生の娘は「どうせまた勝手なことを始めるんでしょ?」と、あっさりしたものでしたね(笑)。妻はアウトドアが得意ではないので、「行って来たら?」みたいな感じで…。

母は「うらやましい!」と言っていましたが、9月に舞台があるらしく、「それどころじゃないわ」と言われました(笑)。

――美瑛町の印象は?

北海道は仕事でさまざまな場所を訪れていますし、ロケで長期滞在もしたことがありますが美瑛は初めて。美しい町ですが、自然もそのまま残っていて素晴らしい。観光地とは違う、手つかずの自然があるので、森の中を探検してみたいですね。

――他に、美瑛でやってみたいことは? 

実は僕、アルバイトをしたことがないんですよ。19歳でデビューして以来、一度も一般的な社会に入ったことがなく、給料というものをもらったことがないんです。

美瑛では農業のアルバイトもあると聞いたので、ぜひやってみたいですね。東京に住む僕らは青果店やスーパーなど“農業の出口”しか知らないので、“入り口”を体験してみたいという思いがあります。

動物も好きなので、酪農にも興味がありますね。体力は多少自信がありますし、1回トラブルにぶつかってもめげないしつこいタイプなので、そこは強みかなと思っています(笑)。

とにかく3カ月後には「美瑛町のことはいいところも悪いところも僕に聞いて!」と言えるようになりたい。観光地としてではなく、その奥にある北海道のリアルな生活を知りたいなと思っています。

――移住体験を通して、視聴者の皆さんに伝えたいメッセージは?

僕の移住体験を通して、同世代の皆さんには「50歳を過ぎたら、もう大人はやめて子どもになろう!」というメッセージを送ることができたら…。

誰しも、子ども時代は夢を思い描いて生きていたと思いますが、この年齢になって夢を実現するには、多少ワガママを押し通したり、強引にごり押ししないと何事も始まらない。無理をしてもやる、それが大事なことかなと思うので、この美瑛での奮闘を通じて、そこを皆さんと共有できたらなと思っています!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)