小泉今日子、宮藤官九郎脚本で16年ぶりにTBSドラマ主演!

小泉今日子、宮藤官九郎脚本で16年ぶりにTBSドラマ主演!

10月スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」で小泉今日子が16年ぶりにTBSドラマ主演を務める

TBS系にて、10月スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(毎週火曜夜10:00-10:54)で、小泉今日子が16年ぶりにTBSドラマの主演を務めることが発表された。共演者には満島ひかり、夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂ら実力派女優陣が顔をそろえ、脚本は宮藤官九郎が務める。

本作は、女子刑務所を舞台に、過酷な状況でたくましく生きる女たちの群像劇を描く“おばちゃん犯罪エンターテインメント”。

罪を犯してしまった、生きることに不器用な人間たちの切なさや悲しさを、時に笑えて、時に泣ける物語として描くとともに、「人はなぜ生きるのか?」「幸せってなんだろう?」という真面目なテーマを、面白く、明るく、そして深く問いかける作品を作り上げていく。

物語は、5人の女がある大企業のイケメン社長を誘拐するところから始まり、当初、何が目的なのか、5人はどういう関係なのか、すべてが謎に包まれたまま物語が進む。

しかし、次第にその社長が愛人を殺した殺人犯で、社長誘拐計画は、その殺人の真相を暴き、まだ刑務所にいる前社長の娘の冤罪(えんざい)を晴らすために行われていたことが明らかになっていく。

しかし、復讐(ふくしゅう)は彼女たちが計画した通りに進まず、さまざまなハプニングが起こり、そのたびにパニックに陥る5人の女。それでも、それぞれの得意分野を生かして、何とか軌道修正を図っていくが…。

さかのぼること6年前、新しくできた女子刑務所に不貞を働いた夫を刺した殺人未遂の罪で馬場カヨ(小泉)が入所してきた日からこの復讐劇は始まる。カヨが生まれて初めて経験する女子刑務所には後悔、嫉妬、羨望、罪悪感などさまざまな思惑が交錯していた。

そこでカヨは違法薬物不法所持で入所した足立明美(森下)、所得隠しと巨額の脱税をした勝田千夏(菅野)、詐欺と横領をした大門洋子(坂井)、そして、殺人の罪で入所した江戸川しのぶ(夏帆)ら一筋縄ではいかない女たちに出会う。

さらに、そんな彼女たちを見守る厳格な刑務官にして教官・若井ふたば(満島)。罪を憎んで生きてきたふたばは、このイタイ女たちを立ち直らせるべく、厳しくさまざまな教育を施すが、5人と接しているうちに、冷たく閉ざされていたふたばの心がだんだんと開かれ、人としてはダメだが魅力的な彼女たちに気持ちを奪われていくことになる。

当初は、周りになじめずにいたカヨだが、リーダー的存在の千夏との関わりから、だんだんと仲間意識が芽生えていく。そして誰とも交わらず、常に1人で行動しているしのぶの、実は冤罪で服役しているという実情を知る。

冤罪なんて許せないと強く思うカヨは、出所後4人で集まってしのぶの冤罪を晴らす復讐計画を立てる。そして、ふたばもその計画に加わることに。

女たちのリベンジ計画はうまくいくのか、宮藤が描く新たな“犯罪劇”に注目が集まる。

■小泉今日子コメント

久しぶりの宮藤官九郎さんの脚本です。脚本通りに演ずれば面白いこと間違いなしだと思ってます。魅力的な役者さんたちとの共演もとても楽しみです。

■満島ひかりコメント

3年前、ドラマ「ごめんね青春!」の打ち上げで宮藤さんから「満島さん、次は女囚のお話です。満島さんは人を番号でしか呼ばない看守さん」とオファー(?)を受けたのが本当になりました。

出演者を聞いてうひゃーとなり、脚本は可笑しくて読み進めるのが大変でした(笑)。わたしの中では、癒やし系ドラマになる予感です。

■菅野美穂コメント

宮藤さんとは、脚本では初めてご一緒させて頂くのですが、エスプリと同時に、炸裂感のあるクドカンワールドに自分も参加させていただけることに、ワクワクしています。

そして、小泉さんとご一緒できるなんて…やったー!! 本当にウソみたいで、うれしい気持ちでいっぱいです。

■脚本・宮藤官九郎コメント

これまで色んなドラマを作って来ましたが「で、つまるところ俺は何が書きたいんだ」と自問自答しました。結局、おばちゃんのお喋りを書いてる時がいちばん楽しいという結論に至りました。

大好きな女優さんの大好きなお芝居が見たい。それがこの「監獄のお姫さま」の核心です。

私も立派な中年になりまして、今「木更津キャッツアイ」のテンポ感でドラマを作ろうと思ったら、若者より、おばちゃんの方ががぜんしっくり来る。

早口だし、声が大きいし、他人の話を聞かないし、同じことを何度も言うし。暴力的な速度と有り余る熱量。彼女たちのおしゃべりをエンドレスで聞ける場所はどこか、と考え舞台を女子刑務所に設定しました。「それだけじゃドラマになりません」と諭されストーリーを組み立て、思いがけず壮大な復讐劇になりました。

それでも核心は変わりません。愛すべきカッコイイおばちゃんのおしゃべりと衝動によって転がり続ける無責任クライムエンターテインメント。楽しんでもらえたら最高です。

■プロデューサー/演出・金子文紀コメント

「いい大人がみっともない」「いい歳してバカみたい」

普通、大抵の大人はそんな言葉を浴びせられることを避ける生き方をしています。家庭や職場で、現状維持、できたらもうちょっと上を求めて、賢明・堅実に、時には打算的な選択をしてうまく生きています。

このドラマは、そういった生き方がしたくてもできなかった、したいのにできない女性たちの物語です。

不器用だからか? 要領が悪いからか? 勝気だからか? 冷静な思考ができないからか?

でも、彼女たちは自分の気持ちにとても正直です。いい大人であっても、周りの目があっても、守るものがあっても、「絶対に譲れない正義」を後先考えず貫く人たちです。自分を犠牲にしてまで貫きたい正義って? 女の友情って? 絆って? そんな疑問に、彼女たちが多分、爽快に答えてくれると思います。

絶対まねしたくないけど、なんかうらやましい、「みっともなく」て「バカみたい」だけどカッコいい。そんな彼女たちの姿を楽しんでいただけたらと思います。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)