渡部建、2017年で一番気になる言葉は「陣内再婚」

渡部建、2017年で一番気になる言葉は「陣内再婚」

日本語を徹底調査したバラエティー「―ニッポンねほりはほり」

8月20日(日)に、“日本語”にまつわるさまざまなテーマについて徹底的に調査した「誰も調べた事がない日本語ランキング ニッポンねほりはほり」(昼4:05-5:20フジテレビ系)の放送が決定。司会を務める渡部建とゲストの陣内智則が、番組収録後に取材に応じた。

同番組は、「日本人が一番かんでしまう日本語」や「最も信用できない日本語」、「回文師に愛される有名人」など、番組独自のランキングで紹介していく“日本語バラエティー”。

収録後の取材で、渡部は「他の番組ではVTRが終わった後のスタジオトークで『ヤバイ、何を喋ろう』と悩むこともありますが、この番組では話が盛り上がり過ぎてしまう場面もありました! とても興味深くて楽しかったですね」と振り返る。

陣内は「家族で見られるような番組ですし、これはレギュラーでイケるなと思いましたね(笑)」とコメントした。

また、番組にちなみ「2017年で一番気になっている言葉は?」という質問に、渡部が「陣内再婚です」と陣内の結婚報道に触れると、すかさず陣内は「それなら(渡部と結婚した)佐々木希じゃないですかね!」と応酬し、笑いを誘った。

さらに、日本語の難しさを感じたという渡部は「僕の相方(児嶋一哉)は、皆さんにわざわざ名前を間違えていただくことで生計を立ているのに、間違えないで『児嶋さん』と言っても怒るんです(笑)。そういう意味でも言葉の複雑さはありますよね(笑)」と、この場にいない相方をいじった。

最後に、渡部は「口に出したくなるような言葉も出てきます。見るだけではなく参加したくなるような、お茶の間との距離が近い番組です! お子さんからお年寄りまで、老若男女楽しんでいただけると思います」とアピール。

陣内は「身近な日本語と触れ合っていただきたいですね。回文を作ることは頭の体操にもなりますので、家族一緒に楽しんでいただきたいです」と見どころを語った。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)