和牛、“牛芸人”を懸けたネタ対決に挑戦&M-1参戦も宣言「今年は1位になります!」

和牛、“牛芸人”を懸けたネタ対決に挑戦&M-1参戦も宣言「今年は1位になります!」

和牛(左から水田信二、川西賢志郎)が渾身の漫才を披露!

2016年に開催された「M-1グランプリ」で敗者復活枠から勝ち上がって2位となり、人気急上昇中のお笑いコンビ・和牛が、8月6日(日)に放送される「ネタ祭り2017 夏の陣」(夜6:57-8:54、テレビ朝日系)で漫才を披露する。

事務所の先輩芸人であるCOWCOWと“牛芸人”の座を懸けたネタ合戦を繰り広げる彼らに、「M-1グランプリ」で注目された反響、出場を決めた2017年の「M-1グランプリ」へ懸ける熱い思いなどを聞いた。

――まずは、「ネタ祭り2017 夏の陣」への出演が決まったときの心境を教えてください。

川西賢志郎:ちょっとでも多くの人に僕らのネタを見てもらえる機会を与えてもらえて、とてもありがたいことです。どういう番組なのか、どんな方が出演されるのかを聞いたときには、こんなところに僕たちを入れていただけて、光栄だなと思いました。

水田信二:僕は愛媛県出身なので、地元の友達や家族に見てもらえる番組に出演できるっていうのは、いつもと違ったうれしさがありますね。全国ネットの番組なので、みんなが見てくれるな−って本当にうれしいです。

――あらためて伺いたいのですが、ネタ作りはどちらがされていますか?

水田:二人で、しゃべりながら、作っていきますね。話しながら、面白かったことをそのままネタしていく感じです。

川西:そうですね。ひたすらしゃべって形にしていきます。

――では、ネタ作りで大事にしていることはありますか?

川西:僕ら“らしさ”が出るように、とても心掛けています。それも、二人の良さが出るように、片方だけが目立つのではなく。ネタの中でバランス的にどちらかに傾くことがあってもいいのかもしれないですけど、いろんな方に楽しんでもらえたり、賞レースで勝ち抜けていけたりするのは、二人のいいところがしっかり見せていけるネタやと思うので、そういうのは意識しますね。

水田: “へりくつ漫才”と表現されることが多くて、僕たちもそのネタをやることもありますけど、そのネタばかりというわけでもありません。そういうへりくつというか、細かいこと言うのも普段からで、僕のそういう性格も関係しています。自分たちの特徴をちょっと出していくと、そういうネタにもなっていくというか。あんまり、へりくつとばかり言われてしまうと、僕のこと嫌いになる人が増えていくのでね…。

――そんなことはないと思うのですが…。

川西:いやいや、これがほんまにどんどん嫌われていくんですよ。

水田:そうなんですよ…。

川西:「やっぱりあいつは嫌なやつだ!」とか、「あいつはもう人の悪いことばっかり言ってきよる!」とか、ファンレターに書いてあったりするんです。

――やはり、「M-1グランプリ」で注目された影響でしょうか?

水田:「M-1グランプリ」で僕たちを知った方が、他のネタも見てみたら、「水田、嫌なやつやんけ」って思って、水田のファンだけは減っていく…みたいな流れになってますね、きっと。

川西:(苦笑)

――「M-1グランプリ」の影響が大きかったということですが、2位になってから変化はありましたか?

川西:生活がガラリと変わりました。今まで出たことない番組に出演できましたし、単純に仕事の量も増えました。去年は、ほとんど大阪でしか仕事をしていなかったんですが、東京にも呼んでいただける機会も増えたので、東京に部屋を借りました。やっぱり、夢のある大会だなって実感しました。

水田:2位でこんなに忙しくなったんやから、優勝したらもっと忙しいんやろなと思っていて。夢が広がりますよね、まだまだ上があるんやって。だから、あとは1位になるだけです。今年は1位になります!

――さて、今回は対決スタイルのネタ番組となりますが、いかがでしょうか?

川西:対決スタイルはあんまりないですね。ましてやCOWCOWさんと対決。でも、僕らは後輩なので、COWCOWさんの胸を借りるつもりですね。

水田:負けたときのダメージがでかいのは、きっとCOWCOWさんなんでね。僕らは伸び伸びとできるかなって思っています。僕らが負けるのは、当然なんでね。

川西:逆で考えたら、すごい嫌やね。自分らが芸歴上で、すごい下の芸人と対決。めっちゃ嫌ですわ〜。そんな話がもし来たらどうする?

水田:断る(即答)。それか…選ぶ。この子強そうやなぁ、ちょっと別の後輩にしてもらおうかとか、初めてテレビに出る子にしてくださいとか言っちゃう。やっぱり勝ち戦が一番好きですね。ゲームでも、相手のレベルが強くて苦戦すると嫌なので、負けたらすぐ相手のレベルを弱くしてボロ勝ちできるようにして、サッカーゲームもやってます。気持ちいいですよね、圧倒するって。僕たちは賞レースでも、2位が多いんです。だから、そういう悔しさなんかをゲームでボロ勝ちして、晴らしているのかもしれないですね。

――では、その悔しい気持ちは今年の「M-1グランプリ」にぶつけると…?

水田:そうなんです! 僕はそれが言いたかったんです。

川西:あっはっは(笑)。ゲーム封印して、年末にぶつけましょうよ。

水田:年末にぶつけます!

――そんな和牛さんがすごいと思う芸人さんは?

川西:難しいんだよなぁ…。

水田:聞かれてもね…、今後この質問断る?(笑)

川西:(笑)。どうしようか…。また、ややこしいやつやなってなるんちゃう? ましてや、水田がNG出してるってなると、もういよいよやで(笑)。

水田:でも、意識するのは銀シャリさんですかね。

川西:昨年チャンピオンになられたし、目の前で優勝を持っていかれてね。本当に単純に面白い漫才師さんやなって思う。忙しい中でも漫才とすごく向き合っていたことも、大阪で一緒の劇場に出ていたから、僕らも知っていましたし。「M-1グランプリ」って、2位になった芸人が王者になるパターンが多くて、銀シャリさんもそう。だから、僕らも残り半年を優勝に向けて使っていきたいですね。

――それでは、和牛としては目指す場所は?

川西:基本的には、劇場でしっかり漫才をやっていくことですね。僕らは漫才が一番好きなので、そこは大事にしていたいです。太い軸にしておきたいですね。

水田:僕は、漫才以外やったら、ドラマに出てみたいですね。ドラマ好きなんです。

川西:1クールに何個も録りためて見てますもんね。

水田:出演できるとしたら…せりふの少ないキープレーヤーをやらせてもらいたいです。

――せりふは少なくていいんですか!?

水田:はい! 人が書いた台本、覚えられないので。

川西:オファーが来てもない段階から選ぶなよ(笑)。

水田:漫才は自分でネタを書くから覚えられるんですけど、人の台本は覚えられなくて。だから、せりふの少ない役で、キープレーヤーがいい。

川西:(水田は)末っ子なんですけど、末っ子な感じが出てますよね(笑)。こういうとこでね。

水田:僕のひとことで主人公が発見するとか、何かに気付く…とかいいですね物語が動いていく感じ。

――川西さんは個人的にはいかがですか?

水田:(即答で)ないですよね。

川西:なんでやねん!(笑) 僕は、自分たちの番組を持ちたいなと思っています。どんな形であれ、自分らの名前が付く番組っていうのは夢ですね。和牛の冠番組、「和牛の◯◯」みたいな番組ができたらうれしいです。メインで出させていただけたらっていう思いが一番強いので、番組内容についてのわがままはありません。本当になんでも!

――「ネタ祭り―」というタイトルにちなんで、お祭りの思い出を教えてください。

川西:東大阪市という、結構お祭りが盛んな地域が地元なんですが、昔ながらのおみこしとかだんじり、布団太鼓というのを担ぐお祭りがあるんですね。それに高校生のときから参加していたので、お祭りという響きを聞くだけで、テンションが上がります、血が騒ぐ感じ。「どーん、どーん」って遠くで太鼓の音聞こえてくる、お祭り特有の雰囲気や、屋台から香ってくる匂い、オレンジのライトがともる夜道とか、すごく好きです。

水田:僕は、愛媛の田舎の港町で育ったんですが、地元の花火はこっちの花火大会と開催している時間は一緒でも、花火が打ち上がる数が全然少なくて。1発1発の間隔が長いんですよね。こっちやったら、「ドーン!ドーン!」と続けて上がっていきますけど、僕の地元では「ドーン!」って1発上がったら、しばらく静寂があってからまた、「次は誰々さんの花火です」みたいなアナウンスの後に次の花火が上がる感じ。だから、大阪の有名な大きな花火大会に初めて行ったときには、花火を連発しているから「最後まで持つんかな?」って心配になっちゃいました。「めっちゃ、打つやん!」ってびっくりでした。

川西:持ってたやろ?(笑)

水田:持ってた! 屋台の香りも、大阪に来てから知りましたね。地元は海沿いの町やったんで、そういう香りは潮風に流されちゃってたんでね(笑)。

――ちなみに、お祭りデートの思い出はあったりしますか?

水田:ないですね…。

川西:お祭りデートね…。お祭りデートに行ったことがないから、去年の「M-1グランプリ」のネタが生まれたというのも理由の一つですね。花火大会に女の子とデートで行ってみたいっていう願望から。

水田:たぶんですけど、人が多いとマナーが悪い人も多いから、都会の大きな花火大会に女の子と行くと、「この人めちゃくちゃうるさいな」って嫌われると思うんです…。僕はそういうのもあるから、行ってないというのもあるかもしれないですね…。

――では、最後に番組への意気込みをお願いします。

水田:“牛対決”でCOWCOWさんと戦うということで、僕らが勝ったら名前は変えていただいて。BOWBOWさんにしてもらう?

川西:松村(邦洋)さんみたいになっちゃった(笑)。

水田:負けるのって、ダメージでかいと思いますね。

川西:じゃあ、僕らが負けたらどうするの!?

水田:どうしよう…。川西水田…!?

川西:ここへ来て、名前…! 普通みんなコンビ名つける前に付けんねん、そういうやつ(笑)。

水田:原点に戻ります。

川西:もう、ええわ!(笑) まぁ、今日も思いっ切りやりますよ!

和牛も本気モードでネタ披露に挑む同番組は、“米芸人”“茨城栃木代理戦争”“新旧自己紹介芸対決”など、芸人たちが「爆笑たぬき軍」と「大笑いきつね軍」に分かれ、テーマごとに珠玉のネタで勝負。さらに、この祭りを盛り上げるために各地の応援芸人たちやかつて一世を風靡(ふうび)した芸人たちも爆笑ネタを続々と披露していく。

司会は東野幸治、叶恭子、叶美香。ほか、出演する芸人は和牛のほかに、銀シャリ、U字工事、ナイツ、サンドウィッチマン、ヒロシ、ライス、カミナリ、NON STYLE、アンガールズ、サンシャイン池崎、COWCOW、博多華丸・大吉、パンクブーブー、すち子&真也、チュートリアル、横澤夏子、平野ノラ、アキラ100%、大西ライオン、コウメ太夫、クールポコ、ダンディ坂野、ですよ。、髭男爵、ゆってぃ、レギュラー、若井おさむ。ネタ祭り実行委員として、榊原郁恵、橋本マナミ、大石絵理、岡副麻希、福原遥も浴衣姿で“ネタ祭り”を見守る。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)