イクラは魚のエサ!? アラスカの常識にブラマヨ小杉「本気でもったいない!」

イクラは魚のエサ!? アラスカの常識にブラマヨ小杉「本気でもったいない!」

7月30日(日)に放送される「世界の食材救済ツアー モッタイナイ食堂」(昼4:05-5:20、フジ系)

7月30日(日)にブラックマヨネーズがMCの「世界の食材救済ツアー モッタイナイ食堂」(昼4:05-5:20、フジ系)が放送される。

同番組は、海外では捨てられたり食べられていないような“モッタイナイ食材”を、和食の匠が現地の食材や調味料を使って変身させていく。

ロケゲストの篠山輝信は、2008年から10年連続でミシュランの星を獲得している東京・銀座「うち山」の内山英仁氏とアラスカへ。現地では、サーモンの消費量が日本よりも多い一方で、イクラは「魚を釣るエサ」として捨てられていることが判明する。

そこで内山氏は、アラスカの調味料を使ったオリジナルのイクラ料理に挑戦。「イクラの茶碗蒸し」など3品の料理が完成すると、「モッタイナイ食堂」としてアラスカの人々に提供していく。

収録を終えた吉田敬は「最初のイクラに対する漁師たちのあの態度を見た時は、僕らも声が出ました。もったいない食材を救うために、匠を一週間拘束してVTRを撮ったのに、1時間10分の番組に縮まってしまうことが、結果、もったいない!」とコメント。

相方の小杉竜一も「国によってはこんなにおいしいものが、他の国では捨てられているとは知らなかったです。本気でもったいなかった!それと、和食の匠たちのすごさもびっくりしました」と語った。

ゲストは、関根勤、眞鍋かをり。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)