橋本環奈「ハマりそうな予感」 初めてのゴルフに挑戦

橋本環奈「ハマりそうな予感」 初めてのゴルフに挑戦

初めてなのに、ナイスショット連発!

橋本環奈の「初めての挑戦」に密着する連載。月刊ザテレビジョン8月号に掲載した、「初めてのゴルフ」の様子を紹介。

「以前からずっとやってみたかった」と語っていた環奈。初めてやってみた感想は?「今回はとても贅沢なことに、横田真一プロにレッスンしていただきましたが、横田さんがとにかく褒め上手なので、私も調子に乗ってついついその気に…(笑)。本当に楽しかった〜! でも、角度や打つ速さ、感覚…やっぱりゴルフは奥が深いですし、やればやるほど難しくなるので、大人の皆さんは、だからこそ『どんどんハマっていくのかな〜?』と思いました。1時間ほどみっちり練習させてもらい、アドレス(構え方)が決まって、ナイスショットが打てると、これがまたこの上なく気持ちがいいですし、手にまったく負担がかからないのが不思議! ボールの芯にあたると力を入れなくてもスパーンと飛んでいくし、いいショットを打つときは、打つ瞬間『コレきた!』と分かるんですよね。逆にダメなショットは、打った瞬間、『今のは絶対右に曲がるな〜』と分かります。面白いな〜。ヨガ同様、これまたハマりそうな予感大。今後は練習を重ねて、いつかコースを周ってみたいですね」

「高校時代はなかなか運動する時間がありませんでしたが、スポーツは個人プレイもチームプレイも大好き。でも、いつもどこかに『やるからにはいいところを見せたい! 足を引っ張りたくない!』という思いがあって、どんな競技であっても、人知れず自主練をしてしまいます(笑)。例えば、バトミントンのダブルスだと、やっぱり空気感が大事なので、『ドンマイ』とか、『すばらしい!』とか積極的に声かけはしますね。運動があまり得意じゃない子の練習に付き合ったりもしていました。個人種目ではマラソンも大好きで、学校の持久走大会も走り出すと気合いが入るし、学年でも上位に入っていたような気がします。スポーツに限らず、お仕事でもこの連載でもそうですが、私は負けず嫌いなので、『ここまでやらないとくやしい!』という気持ちはいつも持っていますね。でもスポーツは、結果よりも、みんなが笑顔になれて楽しいのが一番かな〜」

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)