沖田総悟役の吉沢亮が「銀魂」イベントで神対応!

沖田総悟役の吉沢亮が「銀魂」イベントで神対応!

dTVオリジナルドラマ「銀魂 -ミツバ篇-」(全3話)と映画本編のイッキ見上映会が都内で開催され、吉沢亮と北乃きいが登場

7月30日に、dTVオリジナルドラマ「銀魂 -ミツバ篇-」(全3話)と映画本編のイッキ見上映会が都内で開催され、真選組一番隊隊長・沖田総悟を演じた吉沢亮と、ドラマで沖田総悟の姉・沖田ミツバを演じた北乃きいが登場。

“映画の興行収入20億円突破”“dTVオリジナルドラマ歴代1位の視聴数獲得”のダブルヒットにちなんで、映画とドラマをより知ってもらうために撮影の裏側を振り返りながらトークを繰り広げた。また当日、約550人の来場者から出演者に聞きたい質問を募集し、その場で答えてもらうQ&Aコーナーも展開。

MCによる呼び込み後、吉沢と北乃の二人が揃って登場すると、会場からは約550人のファンの拍手と歓声で包まれた。冒頭では、剣術はピカイチだが超絶腹黒の毒舌ドSな沖田を演じた吉沢が「本日はありがとうございます。映画を見て楽しんでいただけましたか? ミツバ篇を見てもらう前に皆さんと少しでも楽しい話ができたらと思います」とあいさつ。

真選組副長の土方十四郎(柳樂優弥)と恋心を通わせるも、運命に翻弄されるミツバを演じた北乃は「本当に映画とドラマがダブルヒットになってうれしいですし、こういうイベントができてうれしく思います。本日は皆様にドラマの裏話などができたらいいなと思います」と語った。

映画「銀魂」の興行収入が20億円を突破し、大ヒット中だという事を聞かれた吉沢は「知人から『見たよ!』とか、周りの反響がスゴかったです。本当にいろんな人から連絡が来て、今までこんなに連絡が来たのは初めて」と。あらためて銀魂はすごい作品なんだなと思いました」と心境を語る。

続けて「ミツバ篇の方では見せ場が結構ありましたが、映画では淡々としている役だったので監督が笑わないのでビクビクしてました(笑)。ドラマは、沖田のクールな部分が崩れる瞬間を楽しいんでいただければと思います。大きなスクリーンで見る機会はないので楽しんでいただきたいと思います」と答えた。

また、dTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」が配信3日間の視聴数がdTV歴代1位を記録したことについて、北乃は「本当にヒットにつながったのは皆さんのお陰です!」と感謝の気持ちを表し、映画「銀魂」を鑑賞した感想を「ぶっ飛んでで、パロディー感が合って面白かったです。また、天人などがいて異世界にいる感じで楽しかったです」とコメント。

観客からの質問コーナーでは、「お互いがお姉さんらしい、弟らしいと思った瞬間は?」「銀魂の役の中で姉、弟にしたいなら誰?」などが飛び出し、役にちなんだ「2人は○○党と呼べるものはある?」という質問で、吉沢は「ビール党です。寝る前によく1人でも飲みますし、この1年で飲んでない日はないくらい」と答え、「最近プリン体オフのものに変えた」と発言し会場の笑いを誘った。

一方、北乃は「私はミツバと同じで本当に辛党です」と回答すると、吉沢から「地方のイベントで北乃さんは激辛せんべいを食べて本当に平気だった。僕は食べていて本当に辛かったけど、北乃さんは平気な顔していた」と明かした。

最後は質問ではなく「吉沢さんにドSな言葉いってほしい!」とのリクエストが登場すると、吉沢が突然書いた人をステージ上にあげるというサプライズを行い、「映画もドラマも俺のために見とけ!」と発言すると、会場からはものすごい拍手と歓声が沸き起こった。

最後に、北乃は「とても感動できるエピソードです。ドラマでは吉沢さんの殺陣がすごいので、そちらも楽しんでみてください」と語ると、吉沢は「映画は笑える最高のエンターテイメントですが、ドラマは人間臭い内容になっています。映画並みのクオリティーで撮っている作品なので、“泣ける銀魂”というのを楽しんでいってください」とアピールした。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)