星野源が“自身の最大の罪”を告白!

星野源が“自身の最大の罪”を告白!

渋川清彦、眞島秀和、仲里依紗、星野源、石田ゆり子、スガ シカオ、中村ゆり、吉田康弘監督(写真左より)

8月12日(土)よりWOWOWプライムにて放送開始する、星野源主演「連続ドラマW プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜」(毎週日曜夜10:00-11:00)の完成披露試写会が行われ、星野の他、仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、渋川清彦、スガ シカオ、石田ゆり子、吉田康弘監督、原作者・誉田哲也が登壇した。

本作は訳ありの人物ばかりが住むシェアハウス「プラージュ」を巡る「再生」の物語。

思わぬことで前科者になってしまった主人公・吉村貴生を演じる星野は「貴生という役についての説明は…あんな感じです(笑)。おバカというか、これからどんどんいろんな目に会ったり、いろんな人と触れ合ったりして貴生がどう変わっていくのか見届けていきたいと思っております」とあいさつ。

また、今回ドラマ初出演のスガ シカオは「百戦錬磨の先輩の役者皆さんに教えていただいて、源ちゃんには、せりふの覚え方。ゆり子さんからは振り向き方を教えてもらいました(笑)」と初挑戦の役者業で、先輩からアドバイスをもらっていたことを明かす。

一方、眞島は「ずっとスガさんの曲を聴いていたので、目の前にいらっしゃるのが不思議な感じでした」とコメント。

本作に絡め、“男性キャストの過去”について迫った「過去を振り返って最大の罪と思うことは?」という質問が。

星野は「ドラマの話をしましょうよ」と戸惑いつつ、「締め切りを守らなくなりました」と告白。「ことしの目標は、無理をしないという目標なんですけど、見事にそれが締め切りに影響しています」と明かし、「一応、最終的に迷惑をかけないという点は守りたい、人が怒らないくらい、かわいげのある締め切りの守らなさを維持して、なるべく楽をして生きていきたいです」と本音を明かした。

続いて、女性キャストは本作の現場の雰囲気について。中村は「控室みたいに使っていたところで、みんなでいたんですけど、一つの狭い部屋の中にこれだけの人数がいたので、ちょっと薄暗くて、だんだんキャンプファイアーみたいになってました。

“恋バナ”とかも始めたり、そのおかげもあって皆さんと楽しいお話をさせていただきました」と語った。

石田も林間学校・修学旅行のような雰囲気だったと語り、「夜はどうにもならなくて人生を吐露し合ってみたりとか(笑)。あの時間がプラージュで、みんなが一緒に暮らしているっていう空気を作ったと思います」と振り返った。

学生寮に住んでいた経験がある仲は、当時のことを思い出したようで「学生寮の寮母さんがすごく厳しかったんですけど、石田さんみたいなすてきな優しい寮母さんだったらいいなあと思いました」とコメント。

そして、あらためて見どころについて、中村は「スガ シカオさんの俳優デビュー作ですから見逃せません」、続けて石田も「スガさんが初めて芝居をしています! とてもそれがすてきなんです」と絶賛。それに対して、「もうやめて!(笑)」とスガが照れる一幕も。

最後に星野が「話ごとにいろいろな魅力が詰まっています。特に5話のスガさんですね。スガさんすごくすてきでした!」と再度アピールし、締めくくった。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)