中島史恵、奇跡の49歳「体のラインがしなやかに」

中島史恵、奇跡の49歳「体のラインがしなやかに」

DVD「49ヨンキュー〜natural〜」発売イベントに出席した中島史恵

1990年代、「美と健康」をテーマにした女性ユニット「シェイプUPガールズ」のメンバーとして活躍していた中島史恵が、7月21日におよそ9年ぶりとなるDVD「49ヨンキュー〜natural〜」を発売。東京・秋葉原で行われたトーク&握手会に出席し、49歳にしてグラビア再デビューを飾った心境を明かした。

中島は「39歳の時に、“サンキュー”ということでファンの皆さんにお礼ということで最後の写真として出させていただいたんですけど、現在ヨガのスタジオをやらせていただいていて、体が変わってきて、年を重ねたのに。『これはすごいな』と思って、1回引退させていただいたんですけど、うれしいお声もいただいて、再挑戦させていただきました」と復帰の経緯を説明した。

実際に挑戦してみて「若い頃とは変わってきてはいますけど、体のライン的には、以前の元気な中島史恵よりもちょっとしなやかさが年とともに入ってきて、自分としては今の自分が好きです」と感想を明かした。

4月にハワイで撮影された本作。「四方八方から見られるというのは恥ずかしかったです」と振り返る中島だが、ご主人にも見せたという。「『よく撮れているね。すごいよね』って言ってました」とノロけた。

「撮るに当たって、編集の方々から『痩せないでくれ』と言われたんですね。自分も撮影入る前とか絞ったりするんですけど、年齢も年齢なのであまり痩せ過ぎちゃうと魅力出ないんじゃないと言われ、『分かりました!』って気にしないで食べてました。

撮影出発3日前くらいに衣装合わせがあったんですね。そしたら“NG”が出まして(笑)。『ちょっと絞りなさい』と。自分でもおなかがダメですね、撮影用のおなかというのがあるので、ちょっとそれから3日間で絞ってなんとかシェイプアップできました」と予想外の苦労を明かした。

次回作について問われた中島は「39、49ときたので…50歳で出したいですね(笑)。(グラビア撮影の)感覚が戻ったら楽しくて、みんなで作り上げる作品の楽しさ、自分も撮っていただくのが好きなんだなと改めて…うずうずしてます(笑)。ご要望がある限り頑張りたいと思います」と意欲を見せた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)