“with B”ことブリリアン、フィリピンでの過酷旅に思わず涙

“with B”ことブリリアン、フィリピンでの過酷旅に思わず涙

ブルゾンちえみ with Bのブリリアンがフィリピンで過酷旅に挑戦!!

8月5日(土)昼2時30分より、人気芸人が限定ルールで世界を旅する「世界むちゃブリ旅」がテレビ朝日系で放送される。MCとしてロケVTRを見守るのは、旅の過酷さを知る生き字引・出川哲朗と佐藤栞里の2人。

1組目の旅人は、前回タイで過酷な旅を繰り広げた三四郎。今回の舞台・インドでも、現地語のヒンディー語で書かれたカンペを現地人に見せながら目的地を目指す「世界カンペ旅」に挑戦する。

カンペにはおいしいものが食べられたり、夢のような体験ができる「天国カンペ」と、罰ゲームのような 「地獄カンペ」が用意されており、この選択が三四郎の命運を分けることに。インドの首都・デリーからスタートし、カンペをクリアしていきながら1000km先の世界遺産を目指して突き進む。

カンペをぶら下げた三四郎の周りにはあっという間に人だかりができ、さらには三輪タクシーを薦められたり物売りに囲まれたりと序盤から大騒ぎに…。

2組目の旅人は、ブルゾンちえみ with Bの“with B”ことブリリアン。フィリピンを訪れたブリリアンは、日本人を探し、助けてもらいながらゴールを目指す「日本人しか頼っちゃダメよ旅」に挑む。

「ブルゾン(ちえみ)さんがいなくてもやれるということを証明したい!」と意気込んでいた2人に与えられたのは、タガログ語の「日本人はどこですか?」というワードと地図のみ。ほとんど無一文の中、フィリピンにいる日本人を数珠つなぎで見つけていき、400km先の世界遺産・ビガンを目指す。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)