ビートたけし、村上信五を「ジャニーズ事務所の大看板になる!」と絶賛

ビートたけし、村上信五を「ジャニーズ事務所の大看板になる!」と絶賛

ビートたけしと村上信五がタッグを組む「FNS27時間テレビ」

9月9日(土)夜6時30分から翌10日(日)夜9時24分にわたって放送される「FNS27時間テレビ にほんのれきし」(フジテレビ系)の記者会見が行われ、総合司会を務めるビートたけしとキャプテンの村上信五が登壇した。

毎年、生放送で送られてきた「FNS27時間テレビ」だが、今回は収録企画がメインとなる。既に始まっているという「FNS27時間テレビ」の収録を振り返りながら、村上は「僕で良いのかなと思いつつ、たけしさんの邪魔をしないように精いっぱい、頑張ります!」を番組への意気込みを語る。

すると、たけしは「勘がいいから全然邪魔じゃない! こっち(村上)のツッコミを待ってるからね(笑)。俺は好きなこと言って、後は『やめなさい』って(話を)直してくれるから!」と村上を信頼した様子。村上は恐縮しながらも「確かに『やめなさい』は、(収録した)3日間で100回くらい言いましたね(笑)」とコメントし、笑いを誘った。

会見では放送日時が発表されたことに加えて、謎に包まれていたプログラムの一部が公開された。これまでのお笑いに特化したプログラムから一新し、“にほんのれきし”をテーマに旧石器時代から現代までの日本の歴史を巡っていく。

日本の歴史を題材にした「痛快TV スカッとジャパン」「関ジャニ∞クロニクル」「ネタパレ」などのレギュラー番組が放送されることに加えて、FNS27局が地元の歴史自慢で対決する「れきし自慢!大賞」、爆笑問題や林修が参加する歴史的な事件が起きた場所を訪れるロケ企画などが予定されている。

ほか、「さんまのお笑い向上委員会」では、毎年恒例となっているたけし扮(ふん)する“火薬田ドン”が登場する可能性もあるという。

そして、グランドフィナーレには「池上彰が見た たけしと戦後ニッポン」と題し、たけしと池上彰自身のエピソードを交えながら戦後日本について対談する。

今回、この企画を最も楽しみにしているというたけしは「誰がだましたのか、池上さんが出てくれる(笑)! 団塊の世代で(いろいろな)事件も起こしてるし、高齢者問題もあるしね」と収録を心待ちにしているようだ。

また、“にほんのれきし”にちなみ、「お互いを歴史上の人物に例えるなら誰?」という質問を受けた村上は「“ビートたけし”は、もう歴史上の人物でしょう!」と間髪入れずに答えると、それを聞いたたけしも「私は芸能界の歴史に残りますよ!」と便乗。

「前科があって映画で賞を取って、後は芥川賞だけなんで、10月に(小説を)書いて絶対取ってやろうと審査員全員に手紙送ってるんだから!」と言い放った。

一方で、たけしは村上に対し「徳川家光だね。徳川家康の跡を継ぐのは3代目くらいが一番つらいんじゃないかな。それでもビシっと江戸や幕府の体制をつくってしまう。(村上は)ジャニーズ事務所の大看板になる!」と太鼓判を押した。

最後に、たけしは歴史の楽しみ方について「教科書とか歴史家とかいろいろ言っているけど、史実や言い伝えられていることを自分で解釈して『こういう説があってもいいのに』と、疑った方がいいよね。本当かよって! 何が正しいか分からないから。どの説も“説”だからね」とたけし流の考えを披露した。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)