「BORDER2」に國村隼らが参戦!『小栗くんとのお芝居はとても面白い』

「BORDER2」に國村隼らが参戦!『小栗くんとのお芝居はとても面白い』

小栗旬(右)と何らかの形で対峙(たいじ)する國村隼(左)

俳優・小栗旬と、直木賞作家・金城一紀の黄金タッグが初めて実現し、2014年4月期にテレビ朝日系で放送された連続ドラマ「BORDER」の続編となるドラマスペシャル「BORDER2 贖罪」。放送が決まるや、連続ドラマ時代のファンを中心にどのように続編が描かれるのか、小栗演じる石川安吾がどういう形で主人公として存在するのか、期待と不安が入り混じった声が多数見られた。

そんな中、続編発表から1カ月半がたち、新キャストが明らかになり、國村隼、満島真之介、中村ゆりかの出演が決まった。

「BORDER」は金城が“正義と悪”という永遠不変のテーマの下、原案・脚本を務めた完全書き下ろし作品。独特の世界観と練り込まれた物語は大きな波紋を呼び、回を増すごとに視聴率は上昇し、平均視聴率は中村達也が“最強の敵”として立ちはだかった7話『敗北』が最高で、16.7%を記録した。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

また、当時同じ木曜夜9時枠で放送されていたTBS系ドラマ「MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜」との“どっち派を見るか”論争も。

そして2014年度の「ギャラクシー賞選奨」および「ギャラクシー賞2014年6月度 月間賞」、弊社「週刊ザテレビジョン」で毎クール発表している「ドラマアカデミー賞」(第81回)において、最優秀作品賞、主演男優賞、脚本賞などそうそうたる賞を受賞した。

小栗とは「獣医ドリトル」(2010年、TBS系)でも共演経験のある國村は、警視庁の監察管理官・久高喬を演じる。温厚で人望もあり、庁内では人格者として通っている久高は、常に柔和な顔つきで人に接するが、実は鋭い観察眼を隠し持っている男だ。

「職務に忠実で、優秀な監察管理官であると同時に、どこかつかみどころのない人物。石川(小栗)とも完全に…というわけではありませんが、“アゲインスト”として相対し、お客さんをハラハラさせる面白いキャラクター設定となっています」と語るように、何らかの形で石川と対峙(たいじ)する役どころだ。

そんな國村は、小栗の印象について「非常にストイックで、どっぷり石川に入り込んでいる印象を受けました。現場でたわいない日常会話を交わしているときも、どこかで彼は石川というキャラクターを意識しているかのようでした。

かつて『獣医ドリトル』で共演したときとは全然印象が違いましたよ(笑)。そんな小栗くんとのお芝居はとても面白くて、目線の芝居や意識の置きどころなど、的確な表現を打ち出してくれるので、こちらにも大変刺激になったと思います」と約7年前の共演作を持ち出しつつ、座長をたたえた。

一方、満島は見栄えもよく、堂々とした雰囲気を持つ謎の人物・原口知幸を演じる。ある事件に関して、重要な捜査対象となる役どころだが、「特に印象に残っているシーンは、僕が口笛を吹いてるシーン。実は即興でやってみたんです。そのリズムがなかなかキャッチーだと、スタッフからも好評でした。音源にならないかな(笑)」とおちゃめに語りつつ、「僕が演じる原口については…放送を見るまで楽しみにしていてください!」と詳細の言及を控え、視聴を呼び掛けた。

また、中村は本作の名物の1つである“死者”で、ある殺人事件の被害者・須藤真実を演じる。話題作への出演に、中村は「私も『BORDER』の続編を心待ちにしていた一人なので、出演が決まったときは本当にうれしかったです」と喜びのコメント。

今回、“死者”の役を演じたことについては「実を言うと、私は幽霊が苦手なので、普段は幽霊は『できればいないでほしい』という気持ちでいたんです。でも、脚本を読ませていただき、死者になっても残り続ける“人の思い”について、深く考えさせられました。死んだからなくなるのではなくて、何か理由を抱えているから存在してしまうんだ、と」と“金城ワールド”の奥深さに、感銘を受けたようだ。

年内に放送されることが決まっている本作だが、いまだに連続ドラマのラストシーンから幕を開ける、ということしかストーリーに関しては全く触れられておらず、ベールに包まれたまま。新たなキャスト陣が小栗演じる石川とどう関わっていくのかも含め、引き続き動向を探っていきたい。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)