夏帆&満島真之介がヴァンパイアに!?園子温監督ならではの世界観満載!

夏帆&満島真之介がヴァンパイアに!?園子温監督ならではの世界観満載!

「東京ヴァンパイアホテル」に出演する夏帆(左)と満島真之介(右)にインタビュー!

Amazonは、Amazonプライム・ビデオの新たな日本オリジナル番組「東京ヴァンパイアホテル」をAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信中(全9話)。

本作は園子温監督にとって初のオリジナル脚本のドラマで、地球と人類の滅亡を図る吸血族と人類の戦いが描かれている。主演は本作が初の本格アクションとなる演技派女優・夏帆、そしてドラマをはじめ多方面で活躍中の満島真之介。注目の新人女優・冨手麻妙、2役の怪役を演じきる安達祐実、園監督夫人であり常連の神楽坂恵ら実力派キャスト陣が脇を固める。また、中川翔子、斎藤工、松井玲奈ら豪華ゲストが出演する。

今回、主演を務める夏帆と満島に、作品に対する熱い思いを語ってもらった。

■ 園子温監督の夢がかなった作品

――園子温監督初のオリジナル脚本ドラマですが、オファーがあった時どんなお気持ちでしたか?

満島:昨年の夏に、園さんから直接お話をいただきました。僕は俳優になる前に園さんの助監督をやっていたことがあり、園さんのことは深く知っていたのですが、「一緒にやりたい作品がある」と言われて驚きました。園さんのことは1人の監督として見ていた以上に、1人の人間として関わっていたので、今回お話をいただいて、すごくワクワクしましたし、他の作品とは違う大きな喜びがありました。

人生で一度深く関わっていた人ともう一度一緒に作品を作れる喜びは、言葉にできないほどです。台本を読ませていただいた時には、いろいろわがままを言わせてもらいましたけど(笑)。その思いが通じたのか、園さんも気合を入れて書き直してくれたり、良い相乗効果の中でスタートできたと思います。

夏帆:園監督のオリジナル脚本の作品に参加できることは、感慨深かったです。

満島:本当に感慨深かった! (助監督をしていた時から)9年くらいたち、「いつ、一緒に仕事ができるかな?」「役者になったことに対して、どう思っているんだろう?」と、考えることも多かったので、今回の機会を得て、今まで話せなかった部分もしっかり話ができて良かった。昔から園さんに「ヴァンパイアものを作るのが夢」という話を聞いていたので、その願いがかない、そこに役者として出演できるということは本当にうれしいことでした。

夏帆:私はドラマ「みんな!エスパーだよ!」(‘13年、テレビ東京系)でご一緒させていただいて以来なのですが、また園監督から声を掛けていただいたことがびっくりで、うれしかったです。今まで、園監督が全編オリジナルでドラマを撮られることはなかったので、そんな作品に参加できるのなら、「やるしかない!」と思いました。面白い作品になると思っていたので。この作品に参加できて良かったと思っています。

■ 撮影現場は園ワールド全開!

――台本を読んで、実際に演じてみていかがでしたか? 夏帆さんは、本格的なアクションは本作が初めてと聞きましたが…。

満島:まず台本をもらった段階では、ベースしかできてなくて未完成のものだったんです。夏帆ちゃんの役がどこに行きつくんだろうとか、いろいろな不確定要素が多かった。園さんが目指す世界は監督の脳みその中にしかないので、それを具現化しようとした時に「果たして(台本に)書かれていることができるのだろうか?」という不安はありました。

衣装合わせは夏帆ちゃんと一緒じゃなかったんですが、僕の場合は今まで見たことのないヴァンパイア像を作りたかった。ヴァンパイアと聞くとロングコートにオールバックで青ざめた顔のイメージがあると思うのですが、日本には吸血鬼の文化はない。そういう中で、園さんと何度もディスカッションしました。すごく現代チックだけど、どこから来たか分からないミステリアスな感じにしたいという話から、「ドレッドはどうだ?」という案が出たんです。僕もヒップホップが好きだし、園さんも最近ヒップホップにはまっているのも相まって、試してみることにしました。するとキャラクターのイメージが膨大なものになってきたので、そこで即決しました。

僕自身今回は挑戦の気持ちが強かったこともあり、この選択は間違っていなかったと思っています。そこから衣装も派生していって、全部同じ形の色違いのセットアップスーツを選び、小物もいろいろ付けてみて足し引きしながら、楽しんで決めました。その時すでに、そこには見たことのないヴァンパイア像が出来上がっていたんです。

夏帆:私も衣装合わせの段階でキャラクターがあまり明確になっていなくて、何パターンも候補があったんです。ロングのかつらをかぶったり、最初は髪が赤かったり…最終的には地毛になりましたが(苦笑)。いろいろ試しながら、キャラクターが決まっていきました。

満島:園さんも僕らの演じる動きなどからインスピレーションを得て、言葉が浮かんできたり、カットが浮かんできたりの繰り返しな現場でした。みんながより密に参加していくしかないんです。

夏帆:大きいアクションが何場面かあるんですけど、特に満島さんとの対決は本当に大変で、ある種このドラマのクライマックスの一つであって大事にしたかったのですが、作品の撮影と並行してアクションの練習もしていたので、大変でした。台本には “山田(満島)とK(夏帆)戦う”の一言しか書いてなくて、現場で撮るまでどういうことになるのか分からなかったです(苦笑)。ラストシーンも何回も変わって、日々変わっていました。

満島:そうそう。園さんは撮りながら湧き上がるイメージを形にしていく方。そういうことに臨機応変に、そしてパワフルに対応していき、自分たちもこの変化の波に全身で加担していく。これは園さんの現場ならではですね。

■ 世界顔負け(!?)のヴァンパイア作品

――映像がとてもきれいで、ドラマというよりも映画のように感じましたが、出来上がった作品を見てどうですか?

満島:監督は、映画を撮る気持ちで撮っていたと思います。スタッフの方も、映画の方々ですし。日本では、これまであまりこういう作品はなかった気がします。

夏帆:カテゴリー分けしにくい作品ですね。誰もが見たことのない作品になったのかなと。

満島:日本であまり見たことのないエンターテインメント作品ができたんじゃないかと思います。「まずは見てくれ!」と伝えたい。

夏帆:私たちもこんな作品になると思っていなかったです。出来上がった作品を見てびっくりしたんです。

満島:魔法に掛かったような感じです。

――最後にファンの方へのメッセージをお願いします!

満島:この作品に携われて幸せでした。見てくれた人からどういう感想が出てくるのか、とても楽しみです。僕にとって、「あの時を全力で生きた」という証になっている作品です。

夏帆:とにかく、見てほしいです! 

満島:本当に、ここまですごい作品はない! 「ここがすごい!」と一言では語れないので、とにかく、まずは見てほしい! この作品をきっかけに、これからも世界に負けない作品を作り続けていきたいです。

夏帆:そう。私たちがいろいろ説明するよりも、まずは見てもらった方がいいですね(笑)。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)