オードリー・若林も影響された”流しのカレー屋”とは!?

オードリー・若林も影響された”流しのカレー屋”とは!?

8月8日(火)放送の「セブンルール」(毎週火夜11:00-11:30、フジ系)の主人公は”流しのカレー屋”を営む阿部由希奈さん

8月8日(火)放送の「セブンルール」(毎週火夜11:00-11:30、フジ系)では、”流しのカレー屋”を営む阿部由希奈(32)さんに密着する。

同番組は、さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちを取材し、その人がいつもしている7つのルールに着目。そこから、その女性の強さ、弱さ、美しさ、さらには人間観そのものを映し出していくドキュメンタリー。

「夏グルメスペシャル」の第2弾となる今回は、グルメ雑誌「dancyu」で紹介され、カレー愛好家たちの注目を集めた阿部さん独自のスタイルを追う。

阿部さんは、さまざまな飲食店の厨房を借りながら、その店にあったスパイスカレーを作っている。

あえて店を持たない”流しのカレー屋”を名乗るようになったのは、行きつけのたこ焼き店・店主に「うちでカレーを出してみない?」と声をかけられたのがきっかけ。

現在は、週2日、ウェブデザインの会社で人事の仕事をしながら、カレー屋を営んでいる。

そこで、番組ではカレーを愛する阿部さんの驚きの食生活やユーモラスなこだわりなどを映し出し、彼女の”セブンルール”に迫る。

スタジオでは、昼は人事、夜はカレー屋という阿部さんの働き方に影響を受けた若林正恭が「俺、いまからでも人事の仕事できるかな…」とぽつり。

一方のYOUも「私、ドラマやCMのキャスティングの仕事がしたい!」と話し、自身の意外な特技を明かす。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)