脚本賞は「リバース」 『原作にないラストを、と言われたときは気が重かった』

脚本賞は「リバース」 『原作にないラストを、と言われたときは気が重かった』

最優秀脚本賞を受賞した「リバース」奥寺佐渡子にインタビュー

'17年春クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第93回ドラマアカデミー賞」。

見事、最優秀脚本賞に輝いたのは「リバース」(TBS系)の奥寺佐渡子、清水友佳子の両氏。そんな奥寺氏にインタビューを敢行して、「二転三転する展開と、原作にないラスト」で湊かなえファンからも評価された作品作りについて聞いた。

■ 試行錯誤を繰り返した“飽きられない”ための仕掛け

――最優秀脚本賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください

とてもうれしいです。見て下さった皆さんと、スタッフ・キャストの皆さんに支えられての受賞だと思います。書くのに良い環境を与えてくれたチームと、原作の湊かなえ先生に心から感謝いたします。

――今作の脚本を書く上で、気を付けたことやこだわりなどを教えてください

「なぜ、広沢由樹は死んだのか?」という1つの謎を10話かけて解いていくので、途中で飽きられることのないよう、清水友佳子さんやプロデューサーの新井(順子)さんたちと何度も試行錯誤を重ねました。「リバース」のタイトルにふさわしく、毎話のラストに分かりかけていたことがひっくり返るような構成をめざしました。湊さんの原作は、お互い疑心暗鬼になるなど、人間関係の面白さも見どころです。連続ドラマならではのボリュームで、メインキャラクターそれぞれの成長と、関係性の変容を描きたいと思いました。

――「夜行観覧車」('13年)「Nのために」('14年、共にTBS系)に続く湊かなえ3部作の本作。湊さんの作品が原作であることへの思い入れを教えてください

同じ湊さんの作品といっても「夜行観覧車」では家族、「Nのために」では愛、「リバース」では友情と、浮かび上がってくるものが異なります。作品ごとに新たな気持ちで向き合えるのは、湊さんの原作が持つ多彩さや、引き出しの多さのおかげです。また、映像化したときに、よりドラマチックになる要素がたくさん秘められている原作なので、脚本家としてはぞくぞくするようなやりがいがありました。

■ プロデューサーから言われたときは“本当に気が重かった”

――最終話は、オリジナルストーリーが描かれました。審査員からは、「きれいごとだけではなく、心にずしっと残る見事なラストだった」という意見をいただいています。新しいストーリーを描くことになったときの心境や、どのようにして描かれたのかを教えてください

「原作にはないラストを」とプロデューサーから言われたときは、本当に気が重かったです。贖罪という重いテーマを、最終話1話だけで到底描ききれるものではないと思いました。なので、後で「あれも書いておけばよかった」と後悔しないように、という一点だけに集中して脚本を書きました。チーム一丸となって作った最終回なので、「心に残る」という評価はうれしいです。

――主人公・深瀬を演じられた藤原竜也さんに対する印象や、役柄に込めた思いを教えてください

主人公にしてはネガティブな性格の深瀬ですが、後悔を抱えていたり、「その一歩が踏み出せない」「言いたいのに言えない」という誰もが持つ感情に共感してもらえたらいいなと考えていました。脚本に書かれているより何倍も愛すべきキャラクターになったのは藤原さんのおかげです。物語全体をバランス良く俯瞰しながら、細かい仕草まで徹底して深瀬で、「いったいどうやって演じているの?」という驚きをもって毎週楽しみに見ていました。

――雪景色のシーンや、愛媛ののどかな景色のシーンなども描かれていましたが、強く印象に残ったシーンを教えてください

やはり雪山のシーンです。痛いほどの寒さが伝わってきて、見ていて辛かったです。撮影は過酷だったと思いますが、「一瞬の判断を誤ったために悲劇が起こる」ことに強い説得力が生まれ、作品全体の馬力が相当に上がりました。スタッフ・キャストの皆さんには感謝しかありません。

――最優秀作品賞、最優秀主演男優賞も獲得された「リバース」ですが、ご自身にとって、どんな作品になりましたでしょうか?

現場は皆さん「すごく大変」と言っていましたので、最優秀作品賞をいただけて本当によかったです。座長として現場を引っ張ってくれた藤原さんにも、心からありがとうと伝えたいです。「リバース」執筆中は苦しい局面もありましたが、信頼するチームと仕事をやり遂げた喜びの方が大きいです。これからも週に一度の楽しみになるような面白いものを書いていきたいと思います。ありがとうございました。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)