馬場ふみか、“クールな新人ナース”を好演も「何度やっても難しいと感じます」

馬場ふみか、“クールな新人ナース”を好演も「何度やっても難しいと感じます」

フライトナース・雪村双葉を演じている馬場ふみか

モデルとグラビアの二足のわらじを履き、昨今エンタメ業界を席巻している“モグラ女子”として、男女問わず人気を集める馬場ふみかが、初の“月9”レギュラー出演となる「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(フジ系)で、クールな新人フライトナース・雪村双葉を好演中だ。舞台の稽古中に出演が決まったという本作について、ここまで演じてきた心境や役作りについて語った。

本作で馬場が演じる雪村は、先輩のフライトナース・冴島はるか(比嘉愛未)に対しても、尊敬の念を抱きつつ、どこか「自分は同等にできる!」と自信家なところを隠さず、本シリーズで加入したメンバーの中では誰よりもプライドが高い。

馬場自身も「すごい自信家で、プライドも高い女性です」と雪村について分析しており、「一緒に参加したフェローたちを見下すまではいないと思いますが、“何もできないな”って(下に)見ているような感じですね」と言い切っている。

それだけに、演じる上では気を付ける点も普通のナースとは異なるようで「フライトナースとしては新人ですけど、動きに無駄がないように…。きちんと仕事はできるというイメージを出すように演じています。フェローたちが戸惑うような場面でも、雪村はテキパキと仕事をこなすという感じです」と、いかに仕事ができるように見えるかを追求しているよう。

そのため、放送が始まってそれぞれのキャラが視聴者に浸透してくると、SNSでも「馬場ふみかコワッ!」「新しいフライトナースの子、きついね」という声も上がっている。

ただ、それは本人も意識している「(フェローたちは)ダメだな…感を出すような。視線も強めに出すようにしています」という役作りの部分であり、ある意味では役者冥利(みょうり)に尽きるリアクションを得ているとも言える。

救命の現場は1分1秒を争う事案が多く、医師はもちろんナースにとっても全く休む暇もない“戦場”だ。そんな場において、優秀なナースを演じるということは相当な苦労があるよう。

「初療室のシーンでは、その場の医師、ナースたち全員が一斉に手術などを始めるじゃないですか? 雪村は医師のサポートをするんですが、この薬を開けてメスや鉗子などを渡して…と、休む暇はありません。リハーサルから何度も繰り返してスムーズにできるようにしていくんですけど、何度やっても難しいと感じます」と、本番での立ち居振る舞いだけではなく、そこに至るまでの過程も大変なんだそう。

そんな時に比嘉の偉大さに気付くようで「冴島さん…演じていらっしゃる比嘉さんはすごいってあらためて思うんです。前2シーズンから、視聴者として見ていて格好いいと思っていました。そこに雪村も早くたどり着きたいと思います」と“先輩の背中”を見て、自分の気を引き締めた。

その比嘉の印象については「冴島さんという役は、どちらかというと仕事仲間にはピリッとした態度です。だけど、比嘉さんご本人はとても柔らかい方で、私たちにもフレンドリーに話し掛けてくださるので、温かい方だなと思っています」と、彼女の普段の人柄を称賛した。

また、自身のInstagramでおそろいのボーダー服姿を公開し、反響を得た成田凌らフェロー役の共演者とは、普段からたわいない話をしているよう。「よく話していますよ。みんなでお昼ご飯を一緒に食べたりもしますし、“このシーンの状況ってどうなんだろう?”とか、お芝居の話もしています」と、舞台裏のエピソードを語った。

最後に視聴者へ「雪村も含め、フェローたちが少しずつ成長していく姿をしっかりと見届けてください。3rdシーズンは今まで以上に、救命に関することだけでなく、患者さんも含めて病院内の人間関係が色濃く描かれていると思います。そういう人間ドラマ的なところもお楽しみください」と見どころをアピールした。

本作以外にも、深夜ドラマから劇場版になって公開中の映画「お前はまだグンマを知らない」で、“ツンデレヒロイン”を演じている馬場。

女優としての本格的なキャリアを歩み出したばかりの彼女が、これからどんどん“高度”を上げて大女優への道に進むのか、まだ誰も知らないが、彼女のことは知っておいた方が良さそうだ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)